文字サイズ

心地よい空間づくり

お客様のビジネスを支える

アーバンネット大手町ビルの外観写真。写真:三輪晃久、グランパークの外観写真。写真:三輪晃久
左:アーバンネット大手町ビル(写真:三輪晃久)
右:グランパーク(写真:三輪晃久)

NTT都市開発グループは、高品質で信頼性の高いオフィスビルを、国内主要都市の良好な立地条件のもとで運営しています。これまで、NTTグループの資産を最大限に活用し、公共交通機関からのアクセスがしやすい場所を中心に、数多くのビルを開発してきました。情報通信インフラやビル設備についても、個々のビルに最適なものを採用し、利便性、快適性、そして安全性を備え、業務生産性向上に寄与する環境を継続的にご提供しています。ビル管理運営においても、お客様のさまざまなニーズにお応えする体制を構築し、お客様のビジネスを支えています。
さらに、当社グループでは英国、米国でもオフィスビルを取得し、国内の物件と同様に高品質のビジネス環境を提供する取り組みを進めています。

新しい感動とおもてなしを提供

ラクエ四条烏丸館内の写真
ラクエ四条烏丸

NTT都市開発グループは、国内主要都市で商業施設を開発・運営しています。
"あなたとつくる 街の物語"~ひとりひとりと、ひとつひとつを~という「商業ビジョン」のもと、それぞれの街や商業施設に関わるステークホルダーに魅力的で活気あふれる場所を提供するため、地域の皆様やテナント様と連携した地域活性化の取り組みを進めています。

例えば、"地域のさらなる賑わいのランドマーク"として開業した「ラクエ四条烏丸」(京都市下京区)は、2010年の開業以来「洗練された大人の街・上質の館」をテーマに、大人たちの上質なライフスタイルを豊かにする「こだわりの商品」と和と洋が融合した「くつろぎのおもてなし空間」を提供してきました。開業7年目を迎えるラクエ四条烏丸は、お客様のニーズに応じた新しい付加価値を発信・提供するため、2016年春、開業以来最大規模のリニューアルを実施しました。さらに、ワークスペースの新設、レストスペース・緑の植栽の充実など、館内共用スペースも刷新して居心地の良い空間を創出しています。今後も地域の皆様、テナント様と連携し、烏丸エリアを中心とした京都都心部の魅力向上にむけた取り組みを続けていきます。

豊かな暮らしの場の創造

NTT都市開発では、2010年に、分譲事業で2000年に導入した「WELLITH(ウェリス)」ブランドを具体化する「ウェリスコード」を策定し、「共に、心地よく」をコンセプトに、計50項目を超える細かな工夫や配慮を施し、商品・品質価値の向上に努めてまいりました。

さらに2015年からは、多様化するお客様の価値観やライフスタイルによりきめ細やかにお応えできるブランドとなることをめざし、ブランドのコンセプトを再構築しました。さらにブランド名を「Wellith(ウエリス)」とし、新スローガン「今も、未来も、心地いい」を取り入れながら、ロゴもより親しみを感じていただけるようにリニューアルしました。(2016年仕様改訂予定)

ウエリス6つの理性品質

  • 永住性への配慮(PERMANENCE):高い公共性を有し、堅牢な通信用建物などを建設してきた技術を活かして、良質な社会ストックとなる長寿命住宅への取り組みを行います。

  • 環境創造(CREATE OF LAND SCAPE):「建物グリーン設計ガイドライン」により、グループ全体で環境問題に取り組んでいます。分譲マンションにおいてもこれらを活かして環境創造に貢献します。

  • 安全安心(SAFETY AND SECURITY):グループの信頼感に基づいた耐震性への対応は元より、グループの総合力を活かした防犯、防災への取り組み、また、室内環境の安全性への配慮など、安全安心にこだわった空間創造に努めます。

  • 確かな管理(RELIABLE MANAGEMENT):グループの総合力により、お客様の信頼にお応えする充実したアフターサービスとマンション管理に努めます。

  • 快適な生活空間(COMFORTABILITY):数万戸に及ぶ住宅建設の実績と伝統をベースに、高度化・多様化するニーズに的確に対応していくことをめざします。

  • 先進の情報技術(ADVANCED INFORMATION TECHNOLOGY):NTTグループの先進技術を、いち早く分譲マンションにおいて活かします。

高齢化社会における快適で安心な暮らしの形を提案(ウエリスオリーブ津田沼)

高齢化社会において、個々人の快適で安心な暮らしをいかに実現するかは、個人にとっても、国・自治体にとっても大きな課題です。NTT都市開発がその解決策の一つとして提案しているのが、分譲マンション隣接地にサービス付き高齢者向け住宅を同時開発し、連携してサービスを提供する、という仕組みです。当社では、親子が近くに暮らすことや、分譲マンションを買った方々が将来に備えることをサポートするこの取り組みを、「つなぐTOWNプロジェクト」と名付けました。その第1弾となる「ウエリスオリーブ津田沼」(千葉県船橋市)が、2016年3月にオープンしました。
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)であるウエリスオリーブ津田沼の企画にあたっては、今日の住宅ニーズにきめ細かく応えることをめざしました。高層の見晴らしが良い階には、自立型の比較的広い居室(平均で42㎡程度)を確保しました。一般的な賃貸マンションのように、キッチンやお風呂、洗面などが整っています。一方、低中層階には介護型の居室を配置しました。広さは20㎡程度で、水回りは簡易洗面所とトイレに絞り、食事やお風呂は同じフロアの共同施設をお使いいただくこととしました。そして、1階にはデイサービスセンター、居宅介護支援事業所、訪問介護事業所を設け、入居されるご本人にも、ご家族・ご親族にも安心していただける介護対応に努めています。レストラン、シアタールーム(カラオケ)、娯楽室なども設け、入居者間はもちろん、地域の方々も含めた交流が生じる環境づくりにも努めました。
隣接地に、分譲マンションのウエリス津田沼もあります。これによって、「分譲マンションに子ども世帯が入り、親がサ高住を利用する」という親子近住が可能になります。分譲マンションをご購入された方には、ご本人と2親等以内の親族を対象に、ウエリスオリーブ津田沼への優先入居権を提供し、親世代の呼び寄せはもちろん、ご本人のスムーズな移り住みも可能としました。また、分譲マンションに住みながら、隣接するサ高住からサービスを受けられる仕組みも作りました。ご高齢の方は、住み慣れた場所に住み続けたいと考える傾向が強く、分譲マンションを購入されたお客様に、同じ場所に住み続けていただけるようにしています。
つなぐTOWNプロジェクトの第2弾、第3弾は、練馬関町(東京都練馬区)、町田中町(東京都町田市)で進行中です。

同じ敷地内に隣接して建つサービス付き高齢者向け住宅と分譲マンションのイメージイラスト
「つなぐTOWNプロジェクト」のコンセプト
ウエリスオリーブ津田沼の構成要素として、レストラン、デイサービス、訪問介護事務所・居宅介護支援事業所、介護型の住宅・自立型の住宅が入っているイメージイラスト。
ウエリスオリーブ津田沼の構成要素

コミュニティの継続的な形成のための取り組み(ウェリス稲毛)

NTT都市開発を含む5社(※注)が共同で開発した「ウェリス稲毛」(千葉市稲毛区)は、「住民同士の"出会いや触れ合い"のきっかけを作り、それを育むことで豊かな暮らしを創り出す」という新たな発想をコンセプトとした分譲マンションです。そのために本マンションでは共用施設を充実させるとともに、その活用を促す仕組みを導入しています。

ピザ窯のあるピザガーデンの写真
ピザガーデン

例えば、パーティールームやBBQテラスなどの多様なスペースを設けた「TSUDOIハウス」やピザガーデンといった、さまざまな集いの場を屋内外に設置しています。また、共用施設をグランドエントランスが起点となる動線上に配置することで、 入居者の皆様に、自然に出会う機会を増やしています。
そのほか既存の樹木をできるだけ残した「はぐむの森」、ガラスの壁越しに森や生き物を眺められる「森のライブラリ」、野菜づくりを通じて交流ができるコミュニティファームなど、敷地内の各所に出会いのきっかけとなる場があります。

入居者田植えイベントで撮影された、参加者の集合写真
入居者田植えイベント

つながりを育む仕組みとしては、マンション管理組合内に「はぐむクラブ」を設けています。入居者様に参加いただき、交流を生み出すさまざまな活動を企画・運営する組織です。当初は、「はぐむクラブ」の運営の支援として企画会社の協力をいただきますが、最終的には入居者による自主的な運営をめざしています。出会いを生む活動が続いていくためには、入居者皆様の自発性が鍵になると考えているからです。
千葉県内の棚田での田植え、草取り、バーベキューなど、入居者同士の交流は2013年より始まっており、入居後も多くの企画が用意されています。

ウェリス稲毛には防災備品や防災井戸、かまどベンチ、衛星電話といった災害時の備えがありますが、入居者同士の交流から生まれた絆は、災害時にも大きな役割を果たすと考えています。
このような取り組みが評価され、ウェリス稲毛は2015年度グッドデザイン賞(地域・コミュニティづくり/社会貢献活動)を受賞しました。今回の受賞で、NTT都市開発は4年連続でのグッドデザイン賞受賞となりました。
今後も、人と人の出会いが生まれる、心地よい空間づくりをめざしていきます。

  • NTT都市開発を含む5社:NTT都市開発、大和ハウス工業(株)、大成建設(株)、新日本建設(株)、三信住建(株)の5社