文字サイズ

皆様の安心と安全のために

安全・品質の確保

NTT都市開発は2009年8月、安全・品質の確保に向けて、「安全・品質方針」を制定しました。

「NTT都市開発 安全・品質方針」(2009年8月制定)

私たちは、誰もが安心して安全に過ごすことができる高品質な建物・サービスの創造を通じて、快適空間を提供します。
「今」、「将来」、そして「いざ」という時の安全を確保し、企画、設計、建設、管理に至る全てのプロセスにおいて、品質の維持・向上に取り組みます。

活動指針

  1. お客様の期待・ニーズに応えるため、時代の変化を敏感に捉え、継続的な安全・品質確保に取り組みます。
  2. お客様の安全を確保することを最重要課題として捉え、諸施策に取り組みます。
  3. 高耐久性、高信頼性、高機能性などの確保に取り組むとともに、災害対策、防犯・セキュリティ対策、維持保全、ユニバーサルデザイン等を推進します。

BCM(事業継続管理)の推進

NTT都市開発は、テナント様の企業活動の基盤を提供するものとして、非常時、平常時の体制および対応に関する基本事項を定め、人的および物的被害を最小限にし、早期に重要業務を回復するべく事業継続管理(Business Continuity Management)に取り組んでおります。

当社では、かねてよりさまざまな耐震対策や水防対策を講じてきましたが、東日本大震災以後のオフィスニーズの変化を捉え、さらに今後高い確率で発生が予見される大規模地震や津波、環境の変化から頻発している集中豪雨、それに伴い発生が予見される浸水被害など、広い視点から対策を検討し、順次対応を進めています。

耐震・水防対策と防災活動

NTT都市開発では、各ビルの建物躯体の耐震性を確認することに加え、避難エリア・重要室の天井の耐震対策、エレベーターの耐震対策、水防板の設置による建物の浸水対策などに取り組んでいます。さらに、大規模地震発生後の建物の安全性検証のために建物躯体の被災度を判定するシステムの導入も進めています。
また、防災体制の整備や避難誘導手順の周知、防災訓練やセミナーの開催、防災ガイドブックの配布など、各ビルの状況に応じて実施しています。

非常時におけるオフィス機能の確保

2016年1月にオープンした「アーバンネット日本橋二丁目ビル」(東京都千代田区)では、テナント様のBCP(事業継続計画)対策として、光ダクトや手動開閉窓の採用、新耐震基準の1.5 倍の躯体強度確保、72 時間の非常用発電、浸水対策や災害対策用備蓄倉庫など、災害発生後でも一定のワークプレイス環境を維持する設備を備えています。また、既存のビルにおいても、非常用電源の強化・多重化に取り組んでいます。
また、各ビルでは緊急時対応としてマンホールトイレの設置や非常用排水槽の設置も進めています。
平常時はもちろん、非常時の通信手段の確保や、的確な情報提供を行うため無料Wi-Fiサービスの提供などの施策を順次進めています。

非常時の地域貢献

NTT都市開発では、防災備蓄倉庫を設置し、非常食や毛布、水、防災用応急復旧機材や簡易トイレなどを備蓄するとともに、行政機関と連携した帰宅困難者へのサポートの準備も進めています。

NTT都市開発グループの安全大会

NTT都市開発ビルサービス㈱では、工事現場での事故やトラブルを防止するため、パートナー会社の協力のもと、安全大会を毎年実施しています。
11月9日に開催された2015年度安全大会では35社36名に出席いただきました。有識者の講話をいただくほか、安全への取り組み事例や優良事例を紹介することなどにより、安全への決意を新たにしました。

  • 2015年度安全大会の写真
    2015年度安全大会

グランフロント大阪における安全対策訓練

負傷者受け入れの様子の写真
負傷者受け入れの様子

各ビルにおける安全対策についても取り組みを進めています。グランフロント大阪では2016年1月15日に災害対策訓練を行いました。
グランフロント大阪では、災害発生時、共用部の一部に仮救護所を設営し、来館者の応急救護を行うこととしています。そのため訓練では、施設側スタッフによる仮救護所の立ち上げを行ったほか、施設内の医療系テナント様6社との協力のもと、負傷者対応を実施し、医療関係者と施設スタッフを合わせた総勢80名にて、一連の災害時対応を確認しました。
また、1日あたりのべ約10万人以上のお客様が来館される施設であることから、災害時は多数の帰宅困難者発生が予測されるため、訓練でも帰宅困難者のためのスペース設営や備蓄品配給体制の構築を行いました。
今後も所轄消防署やテナント企業の皆様との協力のもと、安心・安全なまちづくりをめざしていきます。

非常用階段避難車の導入

非常用階段避難車の写真
非常用階段避難車

社員の多様性に対応するため、秋葉原UDXの当社オフィスに「非常用階段避難車」を導入しました。これは階段での歩行が困難な方が、非常時に安全に避難できるように開発された避難器具です。非常時の避難利用のほか、けが・病気等により自力歩行が困難になった社員を搬送するなどの利用も想定しています。

商業施設における安心・安全の実現に向けて

訓練に出動した特別工作車から排煙されている様子の写真
訓練には特別工作車(排煙およびミスト機能)も出動

NTT都市開発は、2013年3月に「商業施設運営管理マニュアル」を制定し、商業施設の運営管理担当者にとっての防火・防災に関する基本的ガイドライン を示しました。2014年3月には、このガイドラインに基づいた別冊として「商業施設における災害時等行動マニュアル」を製作し、運営管理担当者がより実践的な消防・防災活動等に取り組むことができるよう、商業施設における災害等の予防・軽減対策、発生時の行動ポイントを明確にしました。
2015年11月10日には、グループ企業である基町パーキングアクセス㈱が、基町パーキングアクセス道路内において広島市中消防署との連携・協力のもと、「合同消防訓練」を実施しました。基町パーキングアクセス道路は、基町クレド・パセーラを含む大規模複合商業施設の地下駐車場を結ぶ道路で、防災や対策について各施設との認識共有が非常に重要です。
当日は総勢63名にて、「トンネル内の地下アクセス道路を走行中の車両から火災が発生、車内に1名取り残された」という想定で訓練を実施しました。特別高度工作車も出動し、性能確認も併せて行うなど、関係者間において、「防災・防火」への意識をあらためて高めました。

消火器の操作に挑戦する子どもたちの写真
消火器訓練には多数のお子さんが参加(品川シーズンテラス)

また品川シーズンテラスでは、2015年には6月16日、11月30日に総合防災訓練を開催しました。
この訓練は災害発生時の対策を確認するためだけでなく、オフィス・商業双方のテナント様との相互連携や、地域住民の方とのコミュニケーションを通じ、品川シーズンテラスが「安心・安全」に特に配慮したビルであることを認識いただく目的もあります。
そうした意図の理解が深まり、1回目の参加者250名に対し、2回目では近隣住民の方を含む700名以上の方に参加いただけました。所轄消防署の協力のもと、消火器の操作訓練、起震車などの体験を通じ、一同真剣かつ楽しみながら、安全への意識を高めました。

商業施設は不特定多数の方がさまざまな目的で訪れる場所であるため、テナント様だけでなく、地域住民の方々や施設利用者の皆様にも対応した防災対策が必要とされます。
NTT都市開発では、防災備蓄倉庫の充実や帰宅困難者の受け入れ準備、情報発信など、災害時においても商業施設らしい地域の役割を担えるよう、体制構築に取り組んでいます。

住宅における安心・安全の実現に向けて

防災井戸の写真
防災井戸(ウェリス稲毛)

NTT都市開発は、東日本大震災を契機に、分譲・賃貸マンションの防災対策を幅広い視点から見直し、各物件に適した対策を講じています。
アーバンエース五条公園パル(大阪市天王寺区)やウェリス鶴見緑地(大阪市鶴見区)では、非常用電源として太陽光発電を利用しています。
また、ウェリス桜山(名古屋市昭和区)、ウェリス星ヶ丘(名古屋市名東区)は、水道断水時にも利用できる折りたたみ式「マンホールトイレ」を設置しています 。さらにウェリス星ヶ丘は、平時には憩いの場として使用するベンチが調理用のかまどに早変わりする「かまどベンチ」などの備えも設けています。
ウェリス稲毛(千葉市稲毛区)では、これらに加え、ふだんは住民の皆様のコミュニケーションに活用いただけ、災害時に炊き出し用かまどとなる「ピザ窯」、防災井戸、非常用飲料水生成システム、AEDなど、各種の防災設備を整備しています。

今後も暮らしに安心・安全をもたらす取り組みを行っていきます。