文字サイズ

コミュニティへの貢献

社会貢献活動の基本的な考え方

NTT都市開発グループは、良き企業市民として、豊かな街づくりにつながる社会貢献活動を各地で行っています。NTT都市開発が2008年5月に制定した 社会貢献活動方針に基づき、「1.本業との調和」「2.コミュニティとの共生」「3.社員一人ひとりの成長」を柱に、今後も活動を展開していきます。

社会貢献活動方針(2008年5月制定)

私たちは、良き企業市民として、豊かな街づくりにつながる活動を皆さまと共に推進し、社会の発展に貢献します。

社会貢献活動プログラム策定にあたって

  1. 本業との調和

    総合不動産事業者としてのリソースを有効に活用し、かつその成果が事業活動と調和することにより、企業としてのトータルな社会貢献度を高めます。

  2. コミュニティとの共生

    コミュニティとの対話に努め、豊かな街づくりに役立つ活動を展開します。

  3. 社員一人ひとりの成長

    社員一人ひとりが、良き企業市民の一員としての自覚を持って、社会貢献活動に参加できるよう、企業人としてだけでなく、社会人としても成長していくための学びの機会を提供します。

各支店で行っている活動

クリーン太田川参加者の集合写真
クリーン太田川

NTT都市開発グループは、各支店で街の美化や安全、地域振興などに貢献する各種活動を継続して行っています。
首都圏においては、芸術振興の取り組みとして、東京オペラシティコンサートホールでの協賛公演、無料公演を開催。夏休みの時期に恒例の催しとして、かわいらしい動物キャラクターによる音楽会や児童合唱など、子どもから大人まで楽しめるイベントを企画しています。

東海支店では、アーバンネット名古屋ビルと住友商事名古屋ビル周辺および久屋大通公園の一部の清掃を月2回実施しています。
関西支店およびNTT都市開発ビルサービス(株)関西エリアでは、大阪「天神祭」の清掃ボランティアに2000年から、御堂筋一斉清掃に2006年から、それぞれ継続的に参加しています。また2011年からは、大阪市全域で実施されている清掃活動(大阪マラソン"クリ-ンUP"作戦)にも積極的に参加しています。
中国支店では、毎年7月の河川愛護月間に実施されている太田川流域の清掃活動「クリーン太田川」に2002年から継続的に参加しています。2015年度は被爆70周年となることから、開会式には小学生による平和メッセージが読まれ、参加者全員が黙とうしました。また、8月6日に挙行される平和記念式典に先立ち実施される「平和記念公園一斉清掃」にも2012年から参加しています。2015年には、当社から参加した4名を含め、一般市民、団体、企業などから2,600名の参加があり、全員で黙とうをした後、平和への願いを込めて清掃を行いました。さらに、NTTクレド基町ビル周辺の清掃活動を毎月実施し、NTTクレド岡山ビルのある表町エリア商業施設合同での清掃活動にも参加しています。

九州支店では、天神地区の環境美化活動(道路清掃、不法掲出チラシ・不法立看板の撤去など)として毎月開催される「天神西通り3・3クリーンアップキャンペーン」に1996年から参加しています。年間を通して参加したことが評価され、2015年も『天神西通り発展会』から表彰を頂くことができました。NTTグループとして参加している「志賀島環境クリーン作戦」にも毎年6月に参加しています。そのほか、2006年からは「天神クリーンデー」の清掃活動に、2014年2月からは、「警固公園水曜 清掃隊」の清掃ボランティアにも参加しています。
また、天神地区の活性化と賑わい創出を目的としたイベントにも積極的に参加しています。2015年8月8日と19日にはレソラ天神ビルで開催された「夢かなう夏休み 天神ワーク体験」に協賛。この企画は地域の協議会と西日本新聞社の主催によるもので、子どもたちに仕事体験をしながら働くことの意味や楽しさを学んでもらう企画です。2015年は、多数の応募の中から選ばれた6名の小学生が、レソラ天神ビルのテナント様のスタッフに扮し、仕事を体験しました。さらに、かぐや姫をのせた御輿などのパレードが行われる「月華祭」は、2015年は10月25日に行われ、九州支店からは6名が参加しました。また同時期に開催される「天神ハロウィンイベント」天神地区の17商業施設とともに参加し、地元の方々といっしょになって天神地区を盛り上げました。

  • スタッフに扮し仕事体験をする子どもの写真
    夢かなう夏休み 天神ワーク体験
  • 月華祭のパレードの写真
    月華祭のパレード

NTT都市開発北海道(株)では、毎年2回(春・秋)行われる「北1条通オフィス町内会セーフティ&クリーン大作戦」に参加し、札幌市北一条通り沿いの清掃を行っています。清掃終了後には参加者全員が交通安全旗を持ち、ドライバーおよび歩行者へ交通安全を呼びかけ、オフィス町内会の一会員として環境美化ならびに交通安全啓発にも取り組んでいます。地域の環境向上に結びつくこうした清掃活動には、これからも積極的に参加していきます。

  • ドライバーに交通安全を呼びかける参加者の写真
  • 清掃作業をする参加者の写真

北1条通オフィス町内会セーフティ&クリーン大作戦

シーバンスにおける取り組み

旗振り等の活動の写真
旗振り等の活動

シーバンスでは、地域の美化や安全、公共福祉のための取り組みを各種行っています。
毎年春・秋の全国交通安全運動の期間には、地元町会との協力のもと、芝浦一丁目交差点にて旗振り等の活動に毎回参加しています。
また、シーバンス(ア・モール)に入居する保育園の防災訓練に積極的に協力しています。津波を想定した区からの指導で、5階以上への避難が必要なことから、保育園のある3階から5階以上へ避難する訓練のために、5階共用部までの階段を利用して訓練を行っています。
そのほか、毎年2回ないし3回、日本赤十字社およびテナント企業様と連携して献血への協力を呼びかけています。NTT都市開発からはシーバンスN館会議室を献血会場として提供しています。社員も含め、平均して約200名が同活動に参加しています。
地域の美化をめざし、清掃活動への参加も行っています。地域の住民や企業が道路や公園を維持管理し、美しく、かつ地域に愛される街づくりをめざす、「港区アドプト・プログラム」に参加し、港区清掃活動に協力しています。協力企業やテナント企業様と協力し、月に2回、ビル周辺の敷地外を清掃しています。
今後も引き続き、各施設における地域への貢献を積極的に行っていきます。

ボランティア活動の支援

鎌倉由比ガ浜の清掃の写真
鎌倉由比ガ浜の清掃

NTT都市開発では、2012年度に3つのボランティア支援制度を設けました。
一つは、被災者支援活動を支援する制度です。社会経済に著しい影響を及ぼす大規模災害地域でボランティア活動に従事する社員を、会社として支援するものです。勤務時間外で活動に従事する際、交通費および宿泊料の実費の一部を会社が負担します。東日本大震災、豪雨災害,熊本地震などによる被災地の支援も、本制度の対象となっています。
さらに、社員による寄付と同額を会社も拠出する「マッチングギフトプログラム」、社員が取り組むボランティア活動に物品・機材などを寄付する「ボランティアギフトプログラム」も導入しました。
社員によるボランティア活動も奨励しています。2015年には ビル事業本部業務改善委員会でボランティア活動を企画し、鎌倉の由比ガ浜で清掃活動を行いました。

震災の復興支援

秋葉原UDXでのマッチングギフト贈呈の写真
マッチングギフトの贈呈(秋葉原UDX)

震災への復興支援も、継続的に行っています。
秋葉原UDXレストラン&ショップ アキバ・イチでは、東日本大震災後の2011年より、春・夏のメニューフェアや夏祭りの売り上げの一部を、日本赤十字社を通じ東北復興支援のための義援金として寄付しています。2015年の「春のイチオシメニュー」フェアにおける寄付額は138,377円となりました。
また、2015年4月25日に発生したネパール地震に際しては、マッチングギフト募金や、社内向けチャリティー販売などを通じて募金合計額1,040,000円の寄付を行いました。

社員用の災害用備蓄食糧を更改時にフードバンクへ寄付

フードバンクへ寄付した社員用の災害備蓄食料の写真
フードバンクへ寄付した社員用の災害備蓄食料

NTT都市開発では、大規模災害での帰宅困難な社員の発生に備え、水・食糧の備蓄を行っています。消費期限切れに対応するため、定期的に物品の更改を行っていますが、その対象物品については、期限切れの約3カ月前にフードバンクに寄贈しています。この取り組みは2007年より始められ、現在も年1回継続して行っています。
なお、フードバンクからは、主に関東の福祉施設(生活困窮者支援施設、障がい者施設、母子支援施設、シェルター、児童養護施設、外国人支援施設、学校外学習支援施設など)や社会福祉協議会、個人世帯への提供が行われています。

保有物件を活用した取り組み

東京箱根大学駅伝の応援風景(チアリーディング)の写真
東京箱根大学駅伝の応援風景

NTT都市開発では、保有物件を活用した地域振興の取り組みを行っています。大手町ファーストスクエアおよびアーバンネット大手町ビルでは、敷地の一部を東京箱根大学駅伝の大学応援団席として提供しています。また、警備員を配備するなど、敷地の安全な利用についても配慮しています。