文字サイズ

お客様とともに

オフィス賃貸事業におけるCS

写真などを用いてカラフルに作成された「CS TIMES」の誌面イメージ画像
「CS TIMES」

NTT都市開発では、お客様や市場の声に耳を傾け、CS(お客様満足)向上に努めています。
CS向上の取り組みを検討する場として「CS委員会」(年2回程度)、「CS推進定例」(年4回程度)や「サービス向上委員会」(各ビル、1~3カ月に1回)を設けています。「CS委員会」では、オフィス賃貸事業におけるCS方針や表彰を実施し、「CS推進定例」では、各ビルの個別的な課題の共有、優良事例の水平展開と組織横断的な課題解決を行います。そして、「サービス向上委員会」では、各ビル単位で、防災センター・警備・清掃など、そのビルに携わるすべてのスタッフの参加により、日々のCS向上に取り組んでいます。

こうした検討の場では、お客様の声をしっかりと受け止めることを重要視しています。お客様の声は、2011年度に導入した「お客様の声収集システム」で日々収集するとともに、年に一度、入居されているお客様にビルの満足度を伺う「CSアンケート」を実施することで、お客様からの評価を把握するとともに、ご要望に応える改善に努めています。

また、CSに対する取り組みをより一層推進するために、2014年度より「CS委員会表彰」を設立しました。同表彰では、お客様の視点に立った取り組み事例とお客様への貢献が著しいパートナー企業様をCSメンバーおよびCSパートナー企業として表彰しています。2015年には、グランフロント大阪で新たに「CS MVP」賞を設け、受賞者となったパートナー企業様は、『CS活動NEWS』(年4回発行)でご紹介させていただいています。
さらに、社員のCS意識向上のために、CS研修・CS講演会および『CS TIMES』(年4回程度)の発行などを実施し、CS意識や施策を社員一人ひとりに浸透させる取り組みも展開しています。

例えば『CS TIMES』では、取り組み事例やCS活動にかける思い、研修の内容、CSに役立てているツールなどを具体的に紹介し、CSの普及に役立てています。
今後も"高品質・高信頼"かつ"安心・安全""先進的"なNTTグループの一員として、高品質なサービスを組織的に提供していきます。

秋葉原UDXにおけるデジタルサイネージの設置

秋葉原UDXでは、お客様に向けた情報発信のさらなる強化をめざし、5Fオフィスロビーにデジタルサイネージを設置しました。リアルタイムなニュースや為替、天気等の情報のほか、災害発生時の緊急放送にも対応したデジタルサイネージです。また、各フロアへの案内を誘導するサイネージには、タッチパネル方式を採用するとともに、秋葉原という街の特性を踏まえ、4か国語にも対応しています。入居テナント様からの企業広告や、秋葉原UDXにおけるBCPの取り組み等をコンテンツとすることで、お客様のCS向上にも寄与しています。

無料Wi-Fiサービスの提供

NTT都市開発では2015年より、ビルを利用するお客様の利便性・満足度アップを目的に、東京・広島・福岡エリアにおいて無料Wi-Fiサービスの提供を開始しました。同サービスは、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社が提供する認証アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」を採用しており、同アプリの利用登録を行うことで、NTT都市開発グループの施設のほか、「Japan Connected-free Wi-Fi」導入済みの公共エリアでも利用できます。また英語・中国語・韓国語・日本語に対応したエントリーページを用意するなど、海外からのビル利用者様にもわかりやすいものとなっています。無料Wi-Fiはビル利用者様の利便性に寄与するだけでなく、テナント様による各種情報提供にも活用いただけます。
NTT都市開発では、今後もグループ関連施設への本サービスへの提供拡大を通し、ビル利用者様のさらなる利便性・満足度向上や周辺地域の活性化に貢献していきます。

ビル事業におけるバリアフリー

NTT都市開発では、ビル開発や運営におけるバリアフリー化を積極的に進めています。

2015年にオープンした大型複合施設である品川シーズンテラスでは、バリアフリー法に対応するだけでなく、誰もが使いやすい施設になるように、きめ細やかな設計に努めました。ビル内の通路やコンビニエンスストアなどは、車いすユーザーが移動しやすいよう、ゆったりと広めに設計しました。オフィス棟には1フロアに必ず1つ多目的トイレを設置(オフィスフロアは男女各2カ所ずつ整備)し、エレベーターは車いすで乗りやすい"横長"の形に。ボタン周りには点字表示を設けています。オフィススペースは、車いすでの移動を妨げないように事務機器のケーブル類を床下に収められる二重床設計としました。駐車場は車いすユーザーが利用しやすいよう「車いす利用者専用駐車スペース」を複数設け、事前精算できる料金精算システムを導入しています。さらに運営面では、警備員にビル案内、翻訳アプリ等をインストールしたタブレットPCを支給し、お客様の問い合わせに対して、より的確なご案内ができるように努めています。

さらに、品川シーズンテラスについては、NTTグループの特例子会社である「NTTクラルティ株式会社」の車いすユーザー社員に、バリアフリーチェックをしていただきパンフレットにまとめました。(詳しくは、こちらのPDF (4.8MB)をご覧ください。)PDF

また、2018年の竣工に向けNTT都市開発がプロジェクトを進めている「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」では、低層部の動線計画や必要設備等について、計画初期段階からNTTクラルティ株式会社に助言をいただき、障がいのある方の観点でバリアフリーの検討をしています。

NTTクラルティが発行した広報誌の表紙画像
品川シーズンテラスにおけるユニバーサルチェック(NTTクラルティが発行した広報誌より)
大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業のバリアフリーに関する打ち合わせ模様の写真
「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」のバリアフリーに関する打ち合わせ模様

ビルメンテナンス協力会社様を対象にした研修

研修受講者が、もう導犬を連れた方に声をかける様子の写真
研修の様子

NTT都市開発では、ビルメンテナンス協力会社様を対象に、障がいのある方への対応について学ぶ研修を行っています。2016年3月に品川シーズンテラスで実施したCS研修では、日本もう導犬協会の協力をいただいて、「視覚障がいのある方が来訪した際の対応」を学びました。研修では、もう導犬を連れた視覚障がいの方に対する、声のかけ方、誘導方法などをディスカッション形式で実習。また、目を閉じて道案内の説明を聞く体験や、視覚障がいの方の手引き体験などを通じて、視覚障がいを持っている方への理解を深めました。

秋葉原UDXでモビリティシェアサービスを開始

NTT都市開発では、より暮らしやすい社会の実現に貢献するため、2015年10月より全国で初めて、パーソナルモビリティ『WHILL』のモビリティシェアサービスを開始しました。『WHILL』は従来の電動車いすと異なり、洗練されたデザインや、直感的な操作性による使いやすさを兼ね備えたパーソナルモビリティです。モビリティシェアサービスでは、この『WHILL』に、NTTドコモが提供するモビリティシェアシステムを搭載し、貸出時の位置情報やバッテリー情報をリアルタイムに把握できるようにしています。これにより、盗難防止などを含む効率的な運営や、事故等の発生に対するスピーディな対応が可能となっています。
車いすで秋葉原に来訪する方や、移動の支援が必要な方に、簡易な手続きで『WHILL』の貸出を行うことで、「秋葉原UDX」を起点としてよりアクティブに秋葉原の街の散策を楽しんでいただくことをめざしています。
NTT都市開発では今後も、すべての人が快適に過ごせる街づくりに貢献していきます。

大規模ビルにおけるサイクルポート設置

大手町ファーストスクエアのサイクルポートの写真
大手町ファーストスクエアのサイクルポート

NTT都市開発では、NTTドコモ、NTTデータ、NTTファシリティーズとともにサイクルシェアリング事業「ドコモ・バイクシェア」に取り組んでいます。
サイクルシェアリングは欧米では環境保全の観点からも普及が進んでいます。日本でも、東京都をはじめとした自治体が普及に取り組んでいます。
ドコモ・バイクシェアでは、自転車本体に通信機能やGPS機能、遠隔制御機能(自転車の貸出・返却制御や電動アシスト機能のバッテリー残量の把握等)を搭載し、自転車の管理や、利用者と自転車のマッチングを行います。また会員情報サイトから登録 したICカードや携帯電話・スマートフォンを自転車のカードリーダーにかざすことで、簡単に貸出・返却が行えるなど、手軽に利用できるシステムとなっているのが特徴です。
当事業でNTT都市開発は、自社が運営、管理、販売するオフィスビルや商業施設、マンション等におけるサービス展開を担っています。特に2020年の東京オリンピックをにらみ、サイクルシェアの需要拡大が見込まれる大規模ビルを中心に、自転車のサイクルポートや無人登録機などの設置を進めています。

今後も、サイクルシェアリングを提供する施設の拡大、他の運営事業者へのシステム提供やコンサルティング業務を推進することなどで、より多くの地域に、環境に優しく利便性の高いソーシャルインフラを提供していく予定です。

各ビルの設置台数 ※2016年6月現在

秋葉原UDX 22台
品川シーズンテラス 21台
グランパークタワー 8台
大手町ファーストスクエア 10台
シーバンス 15台

住宅におけるCS

NTT都市開発グループが提供する分譲マンション「ウエリス」シリーズの大きな特長は、長年にわたって資産価値を保てる良質な住まいづくりと、お引き渡し後、お客様の大切な資産の品質保持のため弊社グループ会社による適切な建物維持管理を実施していることです。

住まいづくりにおいては、設計・施工段階における品質基準、各種技術マニュアルに基づいた設計施工内容の管理を行うことで、品質の確保に努めています。加えて、「ウエリス」ブランドコンセプトを具現化する「ウエリスコード」(2016年改定予定)により、50項目を超えるこだわりを住宅事業全体で共有しています。そして、お客様に確かな品質をご理解いただくために、国が認める第三者機関によって住宅性能が公正に評価される「住宅性能表示制度」を積極的に活用しています。

アフターサービスについては、お客様の声を集約するセクションとして住宅CS推進室を設置しており、お客様と直接向き合うきめ細かなサービスに努めています。

また、賃貸住宅においても、基本的に分譲住宅と遜色ない品質で設計・施工するとともに、管理者としてご入居後のお客様とのコミュニケーションに努めています。とりわけ、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)では、一人ひとりのお客様との対話とサービスの改善を特に大切にしています。