文字サイズ

2018年3月期決算説明会:プレゼンテーション要旨

決算サマリー

  • 2018年3月期は減収減益、物件売却を除くと増収増益で、ベースとなる事業が着実に進展した。
  • 業績予想に対してもほぼ想定どおり。
  • 2018年3月期は中期計画最終年度の前年度であり、中期計画目標を達成するための足掛かりの年度として、一定の成果が出たものと評価。

2019年3月期通期業績予想

  • オフィス・商業事業のフリーレント解消、賃料増額に取り組み増収増益をめざす。
  • 住宅事業は、都心部のウエイトも高く、戸当たり平均単価の上昇も見込まれ、増収増益をめざす。
  • 中期計画の最終年度であり、物件売却に依存せず確実に利益を出すことに重きを置く。

オフィス・商業事業

  • 2018年3月期は、空室率が順調に改善したことにより増収、営業利益は一過性の補償金もあり業績予想をほぼ達成。
  • 2019年3月期も、物件売却を除く賃貸収益・利益は増収増益をめざす。
  • 既存物件におけるフリーレント解消に加え、賃料の増額更改に取り組み増収増益をめざす。
  • 空室率は、都心5区で1.4%と好調。今後も順調に推移すると考える。

住宅事業

  • 物件売却やシェアアウト等を除くと増収増益。
  • 2018年3月期は、販売計画を着実に進めたことにより1,157戸と予想を上回る結果となった。
  • 2019年3月期も、期首の進捗が遅いように見えるが、第2四半期以降の竣工物件が多いこと等を踏まえ、業績予想は達成できるものと考える。

投資額・財務状況等

  • 業績予想を下回る結果となったが、主要プロジェクトへの投資は計画通りに進捗。
  • 複合開発等の大手町プレイス(大手町2-1)、新橋一丁目プロジェクトの投資が大きく伸びた。
  • グローバル事業への投資は、2017年3月期はグローバルマーケットに動きがあったため慎重に進めたが、2018年3月期は185 Dartmouth Streetを取得。
  • ホテル事業においてはUDゆめ咲ビルが竣工し、リニューアルも安定的に投資が進んだ。

最近の取組み

  • 大手町プレイス(大手町2-1)が順調に進捗しており、2018年8月に完成予定。
  • 優秀なプロパティマネジメント会社のオーエンスに出資し関係を強化することで今後のマネジメント体制をしっかり作っていく。
  • 新風館再開発計画は、アジア初進出のエースホテルと契約し成功させていきたい。
  • サービス付き高齢者住宅、リフォーク事業もしっかり進めていきたい。

今後の取組み

  • BCP対策等の戦略的リニューアル投資、プロパティマネジメント、ビルマネジメントを重視し、お客様との信頼関係を強化。
  • 2018年4月にシェアオフィスのリフォークを大手町と秋葉原に2件開業。2019年3月期中にもう少し取り組みたいと考える。
  • 秋葉原UDX等のICT化を進めることで、サービスレベルを上げ、マネジメント効率化にも繋げていきたいと考える。
  • ミニCREとして電話局舎にリフォークを展開し、サテライトオフィス、シェアオフィス等の働き方改革を支える場所として2019年3月期中にご披露できないかと検討。
  • 商業事業は、原宿駅前プロジェクトがスタートしており、消費が促進されるようなテナントを誘致し魅力を高めたいと考える。
  • ホテル事業は2020年3月期に向け京都で3件の開発プロジェクトを推進していきたいと考える。
  • 住宅事業は、マンション事業の目線を変え、郊外大型物件の分譲からリノベーションや賃貸、シニア向け等、お客さま目線の対応を行っていきたいと検討。
  • 神田西口、新橋、南青山等の地域再開発へ参画し、しっかりと調整を進めていきたい。これらは回転型事業としても検討しており、リートとの関係もこれから深まっていくものと考える。
  • グローバル事業は従来のスタンスと変わらないが、信頼できるパートナーとコラボし間違いのない投資を行う。回転型中心のアメリカ市場や新興エリアとしてオーストラリアも検討。
  • NTTが保有する電話局舎のテーマとしては、高圧直流給電に取り組みエネルギー効率を高めると聞いている。これをオフィスビルで上手く活用できないか、NTTグループをあげて実証実験を行いたいと考える。

IFRSについて

  • IFRSであっても日本基準と基本的な方向感は同じであり、物件売却を考慮すると、しっかり成長することをご理解いただきたい。