文字サイズ

中期経営計画

NTTアーバンソリューションズグループの街づくり推進体制
中期ビジョン2018 ~さらなる成長をめざして~ お客様・マーケット志向の徹底 イノベーションの追求
NTTアーバンソリューションズグループの中期ビジョン

街づくり事業の推進・拡大に向けた中長期的な成長

従来の不動産開発事業にとどまらず、I C T・エネルギーなどを複合化し地域の課題解決や個性豊かな地域社会の実現に貢献する、街づくり事業におけるリーディングカンパニーをめざします。

収益目標

  • 2025年度に収益規模6,000億円
  • 街づくりプロジェクト推進やマネジメントサービスの充実などにより収益を2018年度実績の2倍(約3,000億円)に拡大

投資計画

  • 2019年度~2025年度で1兆円~1.5兆円規模の成長投資を実施

成長投資と資産効率の
維持を両立

  • 効率的なグループファイナンスとともに、ファンドスキームの活用による投資資金の早期回収を実施
  • 地域企業、自治体などとの協働を促進

街づくり事業における
人的リソースの充実

  • グループ間の連携強化および業務のデジタル化により効率的な事業運営体制を構築
NTT都市開発グループにおける主な事業方針

オフィス事業

革新的で快適なワークプレイスの提供により、
お客様の多様なライフスタイルの実現をサポート

-お客様の潜在ニーズを掘り起こし、  オフィスの新たな価値や働き方を提案-

革新的で快適なワークプレイスの提供により、お客様の多様なライフスタイルの実現をサポート

-お客様の潜在ニーズを掘り起こし、  オフィスの新たな価値や働き方を提案-
  • 全国のNTTグループ保有資産を有効活用したCRE事業を積極化
  • お客様のニーズに応えるICTソリューションを積極的に導入
  • 災害対策の充実(BCP強化、当社保有ビルの災害対策拠点としての活用、地域への電力供給 など)

商業・ホテル事業

商業・ホテル事業を通じた街の
賑わい創出により、豊かなコミュニティを形成

-街づくりの「顔」となる商業施設の役割を活かした開発と、多様なアセットタイプの展開-

商業・ホテル事業を通じた街の
賑わい創出により、豊かなコミュニティを形成

街づくりの「顔」となる商業施設の役割を活かした開発と、多様なアセットタイプの展開-
  • お客様や地域のニーズに合わせたホテル事業を全国各地で展開
  • 資産効率の向上に向けて新たに回転型事業(ホテル・商業施設 など)を実施
  • シェアスペース事業(LIFORK)の展開により、新たな働き方やエリアの活性化を支援
  • 賑わいの創出や街ブランドの醸成に貢献するエリアマネジメントを拡大

住宅事業

ライフスタイルの多様化に対応した住まいの
提供により、快適な街づくりの推進に貢献

-ニーズに合わせた事業構造の最適化と  当社が有する強みの最大化-

ライフスタイルの多様化に対応した住まいの提供により、快適な街づくりの推進に貢献

-ニーズに合わせた事業構造の最適化と  当社が有する強みの最大化-
  • 新築分譲住宅をはじめ、リノベーション分譲住宅、賃貸レジデンス、学生レジデンス、サービス付き高齢者向け住宅など事業を多様化
  • 地方エリアにおけるコンパクトシティ化などに貢献する再開発事業への参画

グローバル事業

全社成長の核として投資を積極化するとともに、
海外での実績を国内外の新たな街づくりに展開

-着実な実績の積み上げと    アセットタイプ・対象エリアの多様化による事業の拡大-

全社成長の核として投資を積極化するとともに、海外での実績を国内外の新たな街づくりに展開

着実な実績の積み上げとアセットタイプ・対象エリアの多様化による事業の拡大-
  • 保有型ビジネスと回転型ビジネスを組み合わせ、バランスのとれた事業を展開
  • 英国、米国、豪州、アジアを中心に事業展開エリアを拡大