文字サイズ

環境会計

2017年度の環境会計報告

NTT都市開発では、環境保全活動の費用対効果を定期的に把握・評価することを目的に、2002年度から環境会計を実施しています。2003年度からは、環境省の「環境会計ガイドライン」およびNTTグループの「NTTグループ環境会計ガイドライン」に準拠した「NTT都市開発環境会計ガイドライン」を策定し、NTT都市開発としての環境保全コストと効果の概念を明確化しました。

2017年度は、既存ビルにおける空調設備の更改や照明設備のLED化などの省エネ対策により、投資額は全体で約5.9 億円となり、対前年比では約 1.3 億円増となりました。費用については、既存ビルの空調設備やボイラ設備等の保全などにより、全体で5.6 億円の支出となり、対前年比では約1.5億円減となりました。

環境保全コスト(単位:千円)

分類 主な取り組み 2017年度 2016年度
投資 費用 投資 費用
I 事業エリア 1 公害防止コスト 65,681 68,086 26,038 70,848
2 地球環境保全コスト 450,915 359,812 376,489 475,156
3 資源循環コスト 17,135 49,791 4,162 66,477
小計 533,731 477,689 406,689 612,481
II 上・下流コスト 0 0 0 0
III 管理活動コスト 60,221 77,645 50,736 93,481
IV 研究開発コスト 0 0 0 0
V 社会活動コスト 0 4,114 670 4,446
VI 環境損傷対応コスト 0 0 0 0
合計 593,952 559,448 458,095 710,408
  • 対象期間 2017年4月1日~2018年3月31日
  • 集計範囲 NTT都市開発
  • 集計方法 社内で取得できるデータによって直接把握できる項目を集計しました。