文字サイズ

生物多様性保全

自然を取り入れたオフィスビル・商業施設

NTT都市開発グループでは、オフィスビルや商業施設の開発において、それぞれの場所や物件の特徴に応じ、樹木・植栽や水場をはじめとする自然の要素を積極的に取り入れています。維持管理を丁寧に行い、自然をいい状態に保つとともに、施設を利用される方々に楽しんでいただけるとようにしています。こうして、人にとっての快適さを追求するとともに、都市における生物多様性の保全にも貢献するよう努めています。

エコロジカルインフラとしての広大な緑地(品川シーズンテラス)

緑地に生い茂る樹木の写真
緑地内の樹木

品川シーズンテラス(東京都港区)は、既成市街地で分断されている東京湾臨海部の沿岸生態系と武蔵野台地の樹林生態系とを生産的に結びうる場所に立地しています。これらの生態系ネットワークをつなぐ「エコロジカルインフラ」としての役割を担うため、約3.5haの広大な緑地には、地域性を考慮した樹種(オオシマザクラ、コナラ、クヌギ、シラカシ、ヤマボウシなど)を選定、配置し、こうした樹木構成が野鳥の飛来も促しています。植栽計画は、地元の方との協議の場を設け、ご意見をできる限り計画に反映しました。また、トンボや水鳥が訪れることのできる水辺空間(湿生花園)も設け、メダカの育成にも取り組んでいます。
こうした取り組みにより、品川シーズンテラスは公益財団法人都市緑化機構から「緑の保全・創出により社会・環境に貢献する開発事業(都市開発版SEGES)」として認定されました。

年月とともに新たな可能性を生む緑地空間(グランパーク)

敷地内の花壇の写真
敷地内の花壇

JR田町駅から徒歩5分ほどに立地するグランパーク(東京都港区)では、1996年の竣工時から敷地の約6割を公開空地として提供し、その大部分を緑地として確保しています。建物の前面に展開された広場に多様な植栽をしているだけではなく、建物の周囲全体に豊かな緑があります。日々の施設メンテナンス業務の一環として、定期的な剪定(せんてい)や植栽管理、落ち葉などの清掃をはじめ、花壇の植え替えや一部の樹木の入れ替えなども、時期を見計らいながら実施しています。夏祭りをはじめとする多彩な催しも行い、地域の交流の場ともなっている当ビルは、公益財団法人都市緑化機構から2013年に「都市のオアシス」として認定され、2016年に再認定されました。

空中庭園における四季折々の風景(基町クレド)

樹木や草花に囲まれたスカイパティオの写真
スカイパティオ

基町クレド(広島市中区)は、地上33階・地下2階の複合商業施設です。6階の屋外部分に設けた、広さ約1,200m2の空中庭園「スカイパティオ」には、四季折々に花や実を付ける樹木や草花を植えており、ヒヨドリやスズメといった鳥が数多く訪れます。中央の広場を囲むように設けたせせらぎにはメダカを放流しており、この池の中で世代交代を繰り返しています。

「スカイガーデン」で里山を再現(日経ビル・JAビル・経団連会館)

日経ビル・JAビル・経団連会館屋上の水田に実った稲の写真
日経ビル・JAビル・経団連会館屋上の水田

NTT都市開発ビルサービスが外部から不動産管理運営業務を受託している日経ビル・JAビル・経団連会館(東京都千代田区)では、JAビルと経団連会館の間にある低層階屋上部分に日本の里山を再現し、都心のクールスポットとしてスカイガーデンが整備されています。スカイガーデンには、約35m2の水田があり、毎年の恒例行事として、地権者様・テナント様などをお招きし、4月末に「田植え」、6月上旬に「茶摘み」、10月末には「稲刈り」を行っています。

  • 田植えをする参加者の写真
    田植え(4月末)
  • 茶摘みをする参加者の写真
    茶摘み(6月上旬)
  • 稲刈りをする参加者の写真
    稲刈り(10月)

また、2013年度からは、スカイガーデンから出るゴミ(落ち葉や剪定枝等)の減量と資源の有効利用を目的に、コンポスト(堆肥化容器)を設置しました。当施設で発生した落ち葉や剪定枝・刈り草等を一時的にコンポスト内に堆積し、時間の経過と共に発生する微生物により分解された土壌改良材を、再び、スカイガーデンの有機堆肥として循環利用しています。なお、製造された堆肥の一部は、「稲刈り」に参加された方にお配りしました。

  • 木でできたコンポストの外観写真
  • コンポストに堆積した剪定枝・刈り草の写真

コンポスト

ウエリスコードにおける生物多様性への配慮

NTT都市開発が策定した「ウエリスコード」(2016年仕様改定予定)には、「環境創造」の一環として、生物多様性保全に関連する内容が含まれています。建物と自然との調和を意識した植栽計画を行うことや、樹木に樹種名や特徴説明のプレートを付け、自然や生態系を身近に感じられるよう配慮することをあげています。

地域の植生を育み、自然との共生をめざす(ウエリス豊中桃山台)

左からNTT都市開発(株) 取締役関西支店長 塩川 完也、(公財)日本生態系協会 会長 池谷 奉文氏、(株)長谷工コーポレーション 常務執行役員 松岡 政明氏の写真
左からNTT都市開発(株) 取締役関西支店長 塩川 完也、(公財)日本生態系協会 会長 池谷 奉文氏、(株)長谷工コーポレーション 常務執行役員 松岡 政明氏(※役職は、認証取得当時のもの)

2017年2月竣工予定の「ウエリス豊中桃山台」(大阪府豊中市)では、地域の植生を生かした街づくりを進めています。なかでも外構の一部として整備される「こもれびテラス」は、(公財)日本生態系協会が実施する、生物多様性の保全や回復に資する取り組みを評価するJHEP認証において、最高ランク(AAA)を取得しました。これは分譲マンション単独開発としては、日本初の認定となります。
現存する周辺の動植物の多様性維持・改善に向けた管理計画が立てられていると評価され、今回の認証に至ったものです。

  • ウエリス豊中桃山台 外観イメージ図
    ウエリス豊中桃山台 外観イメージ
  • センターガーデンイメージ図
    センターガーデンイメージ
  • 展望テラスイメージ図
    展望テラスイメージ

そのほか「ウエリス豊中桃山台」では「より本質的な教育環境の提供」を目的に、マンション住民や企業、NPOと連携して「マンション入居者専用体験型教育プログラム=まなびばプロジェクト」の導入を予定しています。その一環として、日本在来の野草の種を周辺緑地から採取してマンション内で育てる取り組み「野のくさプロジェクト」をマンション住民とともに実施していく予定です。