文字サイズ

資源循環への貢献

長寿命設計

NTTグループの「建物グリーン設計ガイドライン」は、建物の長寿命化を重視し、1. フレキシビリティ(機能や用途の変化に柔軟に対応できること)の確保、2. メンテナビリティ(維持管理のしやすさ)の重視、3. リニューアルへの対応、4. 耐久性の向上、という原則を示しています。NTT都市開発では、このガイドラインに基づく建物設計を行っています。

NTTグループ建物グリーン設計ガイドラインが示す長寿命設計の原則

項目 内容
1. フレキシビリティの確保 建物のライフサイクルにおける機能、用途、使用者などの変化に対応できる柔軟性を確保する
2. メンテナビリティの重視 清掃、点検・保守などのメンテナンス作業が効率的かつ安全に行えるよう配慮する
3. リニューアルへの対応 建物の劣化、故障、被災などに伴うリニューアルが容易かつ適切に行えるよう配慮する
4. 耐久性の向上 建物の劣化を最小限に抑え、機能維持が容易に行えるよう配慮する

当社の分譲マンションは、「永住性への配慮」をコンセプトの一つとしています。将来の家族構成の変化をあらかじめ想定し、間取りの変更およびメンテナンスを容易にするためのさまざまな設計上の工夫を施しています。また、構造躯体などは住宅性能表示制度の劣化対策等級の最上級である「劣化対策等級3」としています。

  • 劣化対策等級3:通常想定される自然条件および維持管理の条件の下で、3世代(おおむね75年~90年)まで、構造躯体等に関わる大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するために必要な対策が講じられていることを示しています。

建設副産物のリサイクル

NTT都市開発グループの事業活動では、既存の建物が建っている土地を新規に開発する時などに、建物の解体に伴い、コンクリート塊、アスファルト・コンクリート塊、建設発生木材(木くず)などの建設副産物が発生します。当社は、この建設副産物が可能な限りリサイクルされるよう、信頼できる事業者に処理を依頼するとともに、建設副産物のマニフェスト(帳票)管理を行うことを通じて、リサイクル率の安定化に取り組んできました。特定建設資材廃棄物のリサイクル率98%以上を継続的な目標としています。

2016年度は、コンクリート塊、アスファルト・コンクリート塊、木くずのリサイクル率は順に99.3%、100.0%、92.6%で、全体のリサイクル率は99.1%となり、目標を達成しました。今後もリサイクル率の維持・向上に引き続き取り組んでいきます。

建設廃棄物(特定建設資材廃棄物)のリサイクル率の推移(%)

項目 2014年度 2015年度 2016年度
コンクリート塊 99.9 99.4 99.3
アスファルト・コンクリート塊 100.0 98.4 100.0
木くず 99.1 96.7 92.6
全体 99.9 99.2 99.1

一般廃棄物のリサイクル

NTT都市開発グループは、保有・管理するビルや商業施設などにおいて排出される一般廃棄物のリサイクルを継続的に推進しています。共用部など、直接管理できる空間についてはもちろん、テナントの皆様が管理する空間からの一般廃棄物についても、減量・分別の徹底などについて協力をお願いしています。

100%リサイクルの達成(大手町ファーストスクエア)

NTT都市開発では環境負荷低減への取り組みとして、リサイクルに力を入れています。なかでも大手町ファーストスクエアでは2015年度に引き続き、2016年度も一般廃棄物のリサイクル率100%を達成しました。
具体的には、テナントの皆様のご協力により、弁当ガラなどを含めたリサイクル分別を徹底しました。リサイクル推進責任者会議の開催や、啓発ポスターの掲示などが功を奏したものと推測されます。また、リサイクルセンターでの再分別を徹底し、一般廃棄物を削減しました。
さらに、従来、東京都の処分場を利用し埋め立て処分としていた廃棄物について、高度なサーマルリサイクル施設を活用することで、廃棄物リサイクル率100%となりました。

湯沸かし室などへ掲示した「リサイクル啓発ポスター」の写真
湯沸かし室などへ掲示した「リサイクル啓発ポスター」
再分別を徹底するリサイクルセンターの写真
再分別を徹底するリサイクルセンター