文字サイズ

環境マネジメントシステム

推進体制

NTT都市開発グループは、環境保全活動を事業運営上の重要課題と認識し、注力しています。代表取締役副社長を委員長としたCSR委員会において活動計画を審議・決定するとともに、職場レベルでの環境保全会議も適宜開催しています。グループ会社も参加し、NTT都市開発グループ一体となって活動を推進しています。

環境方針と基本行動テーマ

NTT都市開発グループの基本的な考え方として、資源消費・環境負荷・廃棄物の削減と自然環境との共生および健康・快適性への配慮を重視する「環境方針」を定めるとともに、事業活動における取り組みと社員一人ひとりの行動を着実に推進するための「基本行動テーマ」を定めています。

「環境方針」(2001年7月制定)

資源消費・環境負荷・廃棄物の削減と自然環境との共生(健康・快適性への配慮)に資する持続可能な都市と建築空間の創造・維持管理により、健康で安全な都市環境の実現に努めます。

基本行動テーマ

  1. 地球温暖化の抑制

    省資源・省エネルギー活動を通じて、温室効果ガスの発生を抑制していきます。

  2. 資源の有効利活用と廃棄物の削減

    廃棄物の減量化と分別収集、リサイクル商品の利用を推進していきます。

  3. 自然環境との共生

    自然環境保全と循環に配慮した開発計画や自然災害への対策など自然のメカニズムと人間活動との調和を図っていきます。

  4. 地域社会活動への参画・支援

    地域社会における環境保全活動などへの積極的な参画・支援を行い、環境保全活動に努めていきます。

  5. オゾン層の保護

    オゾン層破壊物質の回収・再利用・破壊を推進していきます。

環境保全活動の推進

NTT都市開発は、総合不動産会社としての事業活動において、幅広い環境保全活動に取り組んでいます。

総合不動産会社は、建物さらには都市全体のあり方を考え、実現していく社会的役割を担っています。工事では施工主となり、建設会社や設備会社などの事業パートナーの方々との協働を通じて、より環境に配慮したまちづくりを推進することが求められています。

不動産賃貸事業では、「NTTグループ建物グリーン設計ガイドライン」に沿った設計を行うのはもちろん、建物の運用・管理や改修・廃棄の各段階においても省エネ・CO2排出削減、ヒートアイランド対策、生物多様性保全、廃棄物削減などに取り組んでいます。分譲事業でも、幅広い環境配慮設計を行っています。また、オフィス活動(社内業務)においては、環境負荷を低減するための継続的な取り組みとともに、社員の環境問題への意識醸成を図る活動を行っています。
海外においても、各国の環境規制・基準に沿った設計・開発などを行っており、例えば英国の1KWSプロジェクトにおいては、英国の環境基準に適合する内容で、オフィスビルのリニューアルを行いました。

NTT都市開発では、環境保全活動の目標とその達成状況を管理し、

  1. ビル運用における地球温暖化防止
  2. 廃棄物(建設副産物)削減
  3. 紙資源削減

などに取り組んでいます。

環境保全活動においては、関連法規・条例などのモニタリングと順守に努めています。2016年度は、違反による罰金などはありませんでした。

NTTグループ建物グリーン設計ガイドライン

NTTグループは、環境への影響を考慮した環境共生建物の設計(建物グリーン設計)を推進し、グループ共通の「NTTグループ建物グリーン設計ガイドライン」を発行しています。本ガイドラインに沿った検討を進めることにより、建物のライフサイクル全体にわたる環境への影響が十分に配慮されたものとなることを目的としています。

建物グリーン設計ガイドラインのコンセプト

  1. 建物の長寿命化
  2. ハロン・フロンの使用抑制
  3. 有害物質の使用抑制・撤廃
  4. 省資源及び省エネルギー
  5. 廃棄物発生量の削減
  6. 再使用・再生利用の促進
  7. 地域環境への対応

NTTグループ建物グリーン設計ガイドラインについて、より詳しくはこちらをご参照ください。別ウィンドウで開く

環境認証の活用

NTT都市開発では、オフィスビル・商業施設の開発において、高水準の環境配慮を確保するために、環境認証を積極的に活用しています。

2015年5月にグランドオープンした品川シーズンテラス(東京都港区)では、自然光をビル内に導くスカイボイドや、下水熱エネルギーを利用した空調設備、再生水の積極利用など、快適性と省エネルギー性能を高める工夫が施されており、「建築環境総合性能評価システム(CASBEE)」において最高評価「Sランク」の認証を取得しました。また、広大な緑地は、緑を守り育てる活動を通じて社会や環境に貢献している企業の緑地を対象に、特に優れた取り組みを評価・認定する「社会・環境貢献緑地評価システム(SEGES:シージェス)」において「緑の保全・創出により社会・環境に貢献する開発事業(都市開発版 SEGES)」の認定を取得しました。

「SEGES:都市のオアシス(たのしむ緑)」の認定を取得した品川シーズンテラスのイベント広場の写真
品川シーズンテラスのイベント広場

さらに2017年には、品川シーズンテラスのイベント広場が「SEGES:都市のオアシス(たのしむ緑)」の認定を取得しました。都市のオアシスとは、猛暑やヒートアイランド現象で悪化する都市環境において、人々の安らぎと憩いの環境となっている緑地の重要性について普及啓発することを目的とした認定です。一般の人が利用可能でアクセスしやすいこと、管理者が明確で日常的な維持管理がなされていること、地球温暖化対策や生物多様性保全といった環境の配慮がなされていることなどが条件となっています。

弊社ビルの高い省エネ性能を広くアピールすることを目的にBELS取得をめざす

BELS(べルス)認証表示プレートの写真
BELS(べルス)認証表示プレート

NTT都市開発では、ビルの省エネ性能向上に向け、このたびBELS認証取得への取り組みを進め始めました。BELSとは「Building-Housing Energy-efficiency Labeling System(建築物省エネルギー性能表示制度)」の略称で、新築・既存の建築物において、第三者評価機関がエネルギー性能を評価・認証する制度です。2016年4月に施行された建築物省エネ法で賃貸事業者に課された省エネ性能の表示努力義務に対応した、唯一の第三者認証制度であり、社会的な注目も高まっています。

2016年度については、アーバンネット日本橋二丁目ビル、アーバンネット神田ビル、アーバンネット札幌ビルの3棟のオフィスビルにおいて、取得しました。

NTTグループとの連携

NTT都市開発グループは、環境保全活動の推進において、NTTグループと継続的に連携しています。地球温暖化対策、生物多様性保全、廃棄物対策といったさまざまなテーマへの取り組みについて意見交換・検討を行う場である会議などに、ほかのNTTグループ各社とともに参加し、その成果を適宜、当社グループの環境保全活動に反映しています。また、NTTグループ全体で自然エネルギーの発電・利用を促進する「グリーンNTT」の取り組みにも参加しています。