文字サイズ

地球温暖化対策

オフィスビル・商業施設における地球温暖化対策

2015年の「国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)」で採択された「パリ協定」は、世界の気温上昇を2℃未満に抑えるという国際的な長期目標を設定しました。これに応じ、日本を含む参加国の政府は長期的な温室効果ガス排出削減目標を策定・発表しています。NTT都市開発グループにおいても、オフィスビルや商業施設における省エネ・CO2排出削減や自然エネルギーの導入を着実に進めていかなければなりません。
NTT都市開発グループは、ビルを設計するにあたり、構造、使用する材料、空調や照明をはじめとする各種設備、制御システムなど、総合的な視点で省エネ性能の向上に取り組んできました。ビル管理にあたっても、エネルギー使用量の"見える化"の導入をはじめ、きめ細やかな配慮で省エネを推進しています。ビルの省エネを効果的に進めるには、ユーザーであるテナントの皆様のご協力が不可欠なため、情報提供や定期的なミーティングの場を設けるなどして、それぞれのビルに応じたコミュニケーションと連携に努めています。ライトダウン(後述)のような啓発イベントも含め、テナントとの協働にさまざまな形で取り組んでいます。
また、ビルの屋上などに太陽光発電システムを設置する取り組みも、継続的に進めています。
さらに自然エネルギーによる電気の環境付加価値を取引可能にする「グリーン電力証書制度」も活用しています。商業施設である基町クレド(広島市中区)やクレド岡山(岡山市北区)では、クリスマス・イルミネーションなどにグリーン電力を使用しています。
こうした取り組みにおいては、エネルギー使用量(原単位)を中長期的に年平均1%改善することを総合的な目標として設定しています。2017年度におけるNTT都市開発のビル稼働面積あたりのエネルギー使用量(原油換算)は、37.95l/m2となりました。
なお、第三者によるエネルギー使用量データの検証については、東京都条例に基づき主要4ビルにおいて実施しています。

エネルギー使用量の推移

項目 2015年度 2016年度 2017年度
エネルギー使用量(原油換算)(kl) 58,240 52,598 51,584
原単位(l/m2 37.86 37.66 37.95
CO2排出量(t-CO2 108,959 93,101 92,966

IOT技術を活用したスマートビルディングの実証実験

NTT都市開発では、IoT技術を活用したスマートビルディングの取り組みも積極的に進めています。2017年11月からグループ企業と共同し、NTT都市開発保有ビルにおいて「IoT/M2Mプラットフォームを活用したスマートビルディングの実現に向けた実証実験」を開始しました。
これまでビルで計測したデータは、機器の制御やエネルギー管理に利用することに留まっていましたが、低消費電力・長距離通信に対応した新しいセンサーによる人の動きや位置、速度、音、振動などの計測データを加えることで、利用状況の見える化が可能となりました。こうしたデータを活用し、混雑緩和などの新たなサービスの提供や、清掃頻度や警備配置計画などのビル運営管理の効率化をめざします。
今回の実証実験では、スマートビルディングの一例として、混雑しがちなオフィスビルの喫煙室を対象とします。ユーザーの人数や位置データを人感センサーで測定するほか、環境センサーで温度・湿度・CO2などのさまざまなデータを取得し、データの相関関係を分析します。その分析結果から、喫煙室利用者への混雑状況のお知らせや、利用状況に応じた清掃頻度の検討、リアルタイム空調制御への活用を模索します。ビルの快適さと環境負荷軽減の両立をめざす取り組みです。

  • M2M(Machine to Machine):機器同士が人の介在なしに直接送信を行って動作すること
人感センサーや環境センサーを喫煙室に設置し、温度や湿度、CO2などのデータをリアルタイムで取得することでスマートデバイスやパソコンなどに混雑状況をお知らせすることを図示したフロー図
実証実験のフロー

クリスマス・イルミネーションにおける省エネ対策と自然エネルギー活用

イルミネーションを点灯した、基町クレド・クリスマスツリーの写真
基町クレド・クリスマスツリー

NTT都市開発では、街の賑わいを演出するイルミネーションにおいて省エネ対策を実施するとともに、自然エネルギーを積極的に活用しています。例えば、基町クレドやクレド岡山では、街を彩るクリスマス・イルミネーションにLED電球とエコエネルギーを使用しています。
基町クレドでは、高さ15mのクリスマスツリーに広島のイメージカラーである赤色を基調とした約12万球のLEDを使用し、来街された皆様にフォトスポットとして楽しんでいただきました。

クレド岡山は、雪の結晶やクレドのシンボルである翼などのモチーフで演出を施した高さ9mのクリスマスツリーに、約3万2,000球のLEDを点灯し、温かな光で街を包みました。

名古屋・錦二丁目における都市の低炭素化に向けた取り組み

錦二丁目地区のビルの全体俯瞰のイメージのイラスト
全景(完成予想図)
錦二丁目地区東側に位置する路地空間のイメージのイラスト
東側路地空間(完成予想図)
錦二丁目地区の会所のイメージのイラスト
会所(完成予想図)

NTT都市開発では、自然と共生する未来のまちづくりにも積極的に取り組んでいます。その一つが、2017年11月に名古屋市から認可を受けた「錦二丁目7番第一種市街地再開発事業」です。
同立地は名古屋駅エリアと栄エリアをつなぐ、伏見エリアに位置しています。かつて日本三大繊維問屋街の一つとしても栄えましたが、現在は空きビルや駐車場が増加し、空洞化が進んでいます。このような状況のもと、街の復活に向けて、近年地元住民や企業が「錦二丁目まちづくり協議会」を設立しました。新たなまちづくりとして、地域イベントを継続的に実施するほか、都市の低炭素化に貢献する低炭素モデル地区に向けた取り組みを進めています。また、街の将来像として、地元主体で「これからの錦二丁目長者町まちづくり構想2011〜2030」が策定され、これまでの街の機能に居住機能などの新たな街の機能が融合する、複合市街地としてのまちづくりの展開が期待されています。
そのなかで「錦二丁目7番第一種市街地再開発事業」は、錦二丁目地区の再生・活性化に向けたリーディングプロジェクトとして位置付けられます。プロジェクトでは、土地利用転換による都心居住の促進を図るとともに、生活サービス機能を導入。賑わいを持続的に展開するためのエリアマネジメント活動拠点も整備します。
また、「会所」「路地空間」などかつての交流の場を再生・創出し、低層部の連続的な賑わいと交流、回遊性をつくります。環境面では、環境負荷を低減させる仕組みづくりや、緑豊かな環境を創出し、低炭素モデル地区事業としてふさわしい空間づくりをめざします。
そのほか、帰宅困難者のための一時避難スペース、防災備蓄倉庫などの防災支援機能の確保により、地域防災力の強化に貢献します。
NTT都市開発は市街地再開発組合員として2013年より事業参画しており、2021年度の竣工をめざして事業を進めていきます。

住宅における地球温暖化対策

NTT都市開発が2010年に策定した「ウエリスコード」では、「環境創造」を重要分野の一つとして位置付け、省エネ対応の照明器具の採用、常時点灯の必要がない箇所への人感センサー付き照明の導入、エネルギー使用状況の表示パネルの設置といった基本的な対策を示し、すべての物件で採用しています。このほかにも、断熱性能の強化、効率的なエネルギーシステムの採用など、物件に応じた省エネ仕様を導入しています。
さらに、近年においては、新たな仕様を取り入れた環境配慮型マンションを開発しています。風・光・水・緑を活かすエコデザイン、シェアリングサービス、エネルギー消費の見える化、カーボン・オフセットといった切り口から、従来のマンションとは一線を画する物件の提供に取り組んでいます。

環境負荷低減エネルギーを全戸に採用した分譲マンション(ウエリス浦和美園サウステラス、ノーステラス)

ウエリス浦和美園サウステラス、ノーステラス(埼玉県さいたま市)では、分散型エネルギーによる環境負荷低減をめざし、マンション向け家庭用燃料電池「エネファーム」(以下「マンション向けエネファーム」※1)を全戸に採用しています。
当マンションは、埼玉県内において初めて「マンション向けエネファーム」を全戸採用※2したマンションです。

エネファームを使用することで、一戸あたり年間約1.0tのCO2削減効果※3、4を実現しました。住まいにおける環境負荷低減、エネルギー利用に配慮した暮らしに貢献していきます。

  1. ※1都市ガスから取り出した水素を空気中の酸素と化学反応させて発電し、その電力や熱を家庭内の電気や給湯に利用するシステム
  2. ※2東京ガス調べ:2018年8月1日現在
  3. ※3
    • ①一次エネルギー換算値:電気9.76MJ/kWh(エネルギーの使用の合理化に関する法律)、ガス45MJ/m³(東京ガスデータ)、給湯効率80%
    • ②CO2排出係数:電気0.69kg-CO2/kWh(「中央環境審議会地球環境目標達成シナリオ委員会中間とりまとめ」平成13年7月より)、ガス2.29kg-CO2/m³(東京ガスデータ)
    • ③年間負荷/給湯:13.01GJ、風呂保温:1.45 GJ、調理:1.8 GJ、冷房:4.15 GJ、床暖房:7.75 GJ、エアコン暖房:2.77 GJ、照明ほか:11.41 GJ(マンション(専有面積80㎡)3人家族を想定)
    • ④電力需要/ガス式床暖房所有のガス・電気併用住宅の電気消費量:3,643kWh
  4. ※42014年4月時点のカタログに記載している試算条件

リノベーションによる環境性能の大幅向上(ウッドヴィル麻布)

1988年築の外国人向けヴィンテージマンションを再生した分譲マンションであるウッドヴィル麻布(東京都港区)では、今の時代に合わせた性能改修の一環として、環境性能も重視しています。
特に、住戸の断熱性能を国際的な水準に高めることをめざしました。設計基準としては国土交通省が提供するBELS(Building-Housing Energy-Efficiency Labelling System)における★★★★(四つ星)を採用。使用する断熱材を従来の2倍の厚さとし、外気に接する面だけでなく四方の壁すべてに入れて、"各住戸が断熱材でくるまれている"状態にしました※1。窓にも断熱性能が高いペアガラスを採用。こうした断熱性の向上により、冷暖房機器から発生するCO2を年間で32%程度削減※2することを実現しています。
また、既存建物を活用しつつ、メンテナンス性を高めてロングライフ化することにより、建設から運用、解体までの建物のライフサイクルを通して排出されるCO2や廃棄物の大幅な削減を実現しています。

  1. ※1一部住戸については、四方すべての壁に断熱材が入っていない場合があります。
  2. ※2ウッドヴィル麻布2階の230㎡台住戸を対象に、本物件の外皮性能をもとにシミュレーションした結果と、平成4年省エネルギー基準の仕様規定において定められている外皮性能をもとにシミュレーションした結果の比較です。なお、ライフスタイルについては、平成25年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法および解説(Ⅱ 住宅)において開示されている条件をもとに、シミュレーションの与条件に反映させています。
    
元の断熱材の約2倍の厚みをもたせた発泡ウレタンの断熱材 シングルガラスからペアガラスに変更

緑区十日市場町周辺地域、持続可能な住宅地モデルプロジェクト

NTT都市開発は2016年3月31日より、横浜市、東京急行電鉄(株)、東急不動産(株)とともに、「緑区十日市場町周辺地域、持続可能な住宅地モデルプロジェクト」への取り組みを開始しました。
「持続可能な住宅地モデルプロジェクト」は、環境問題や超高齢化社会などの社会問題に対する、横浜市の環境未来都市計画の主要な取り組みの一つであり、郊外都市の再生・活性化をめざして、地域の特性が異なる4つのモデル地区において進められています。
今回の横浜市緑区十日市場町周辺におけるプロジェクトでは、①多様な暮らしと地域交流を支える次世代郊外の住まいづくり、②人・地域をつなぎ、暮らしを育む地域のシンボル空間の創出、③多世代コミュニティの形成と地域交流を促すコミュニティマネジメント(エリアマネジメント、エネルギーマネジメント、住まいのマネジメント)、の3つの要素を合わせ持つ住宅地とし、最終的には「地域の人・資源などの魅力を育む十日市場ブランドの創造」へとつなげることを目標としています。
2017年には緑区十日市場センター地区内20・21街区の事業詳細が決定し、工事に本格的に着手しました。20街区は子育て世代をメインターゲットとし、311戸の分譲マンションのほか、ミニスーパー、子どもの遊び場や地域イベントの会場として利用できるコミュニティスペースを設置します。21街区はシニア住宅を中心とした全213戸の賃貸住宅などを整備します。
環境面に配慮した取り組みとしては、隣接する自然豊かな「新治市民の森」とのつながりを意識した緑化計画があげられます。十日市場駅からつながる開放的な南北の通りに「新治市民の森」との連続性を持たせ、四季の彩りを感じられる空間をつくります。
また、交流型イベントの開催などを通じ、地域への愛着を育てるとともに、周辺地域の魅力の向上を図ります。省エネに関しては、環境性能の高い住宅や建物の整備、エネルギーの見える化による活動支援を実施し、環境への意識を高める取り組みを行っていきます。

緑区十日市場町周辺地域、持続可能な住宅地モデルプロジェクト全体のイラストイメージ
全景(完成予想図)

ライトダウンの取り組み

NTT都市開発は、環境省が地球温暖化防止の意識啓発のために主催する「ライトダウンキャンペーン」に、毎年参加しています。夏至と七夕の両日に、テナントの皆様にもご協力いただき、可能な範囲で照明の消灯を行っています。2017年は、NTT都市開発から22の施設などが参加しました。
オフィスのこまめな消灯や節電の継続など、今後も地球環境保全や省エネへの意識を高め、積極的に取り組んでいきます。

自社オフィスにおける省エネ(クール/ウォームビズと来訪者への呼びかけ)

NTT都市開発では、自社オフィスにおける環境負荷低減、節電のための取り組みとして、クールビズ、ウォームビズを実施しています。
2017年は、クールビズは5月2日より10月31日まで、ウォームビズは12月1日より3月31日の期間で取り組みました。期間中には、来社されるお客様に対してもポスター掲示などでご理解をお願いしています。また、社内外を問わず、社員それぞれが環境負荷低減、節電への意識を高めるよう呼びかけています。