文字サイズ

2011年3月期決算及び2012年3月期通期業績予想に関するお知らせ

2011年5月11日

NTT都市開発株式会社
(東証第1部 8933)

NTT都市開発株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:三ツ村 正規)は、本日、2011年3月期(第26期:2010年4月1日から2011年3月31日まで)のNTT都市開発グループの連結決算を確定しましたのでお知らせいたします。なお、詳細は「2011年3月期期末決算プレゼンテーション資料(959KB)」および「平成23年3月期決算短信(755KB)」をご参照ください。また、2012年3月期の業績予想を併せてお知らせいたします。

ハイライト

  • 2011年3月期における連結業績は、営業収益は1,456億円(前期比35億円減、2.4%減)となり、前年度に対して減収となりました。営業利益は243億円(前期比81億円増、50.8%増) 、経常利益は185億円(前期比83億円増、81.6%増)、当期純利益は93億円(前期比31億円増、52.2%増)と、いずれも増益となりました。
  • 不動産賃貸事業においては、 大手町一丁目地区第一種市街地再開発事業において竣工したJAビル、経団連会館等新規物件の増収はあるものの、既存物件の賃料収入が減少したことや前年度に実施した物件売却の影響等により、営業収益は926億円(前期比54億円減、5.6%減)、営業利益は292億円(前期比22億円減、7.3%減)となりました。
  • 分譲事業においては、マンション引渡戸数は減少したものの販売単価の上昇等により、営業収益は417億円(前期比0.8億円増、0.2%増)、営業利益は5億円(前期は104億円の営業損失)となりました。
  • 2012年3月期の通期業績(連結)予想については、営業収益は1,440億円(前期比16億円減、1.2%減)、営業利益は245億円(前期比1億円増、0.7%増) 、経常利益は187億円(前期比1億円増、0.8%増)、当期純利益は95億円(前期比1億円増、2.1%増)を見込んでおり、厳しい経営環境の中、営業収益は減収を見込むものの、営業利益、経常利益、当期純利益は増益を目指しております。
  • 当社グループでは、今後とも経営環境の変化を見極めつつ、安定的な利益確保に努め、引き続き企業価値の増大に向けて取り組んでまいります。