文字サイズ

決算概要について

最終更新日:2003年05月13日

NTT都市開発株式会社

NTT都市開発株式会社(代表取締役社長:三田 清、本社:東京都新宿区払方町25−5)における、平成14年度(第18期)決算概要は次のとおりです。

当期の業績概況

不動産賃貸事業につきましては、将来の収益増となる新規物件として、アーバンネット博多ビル(平成15年5月竣工予定)、麻布本村住宅(平成15年8月竣工予定)、アーバンエース御幣島パル(平成15年7月竣工予定)、UD原宿ビル(平成16年1月竣工予定)、アーバンネット札幌ビル(平成16年12月竣工予定)、アーバンエース西中島パル(平成16年2月竣工予定)の工事に着手しました。又、賃貸中の既存ビルについて、テナント様へのきめ細かい対応により、テナントサービスの一層の向上をはかるとともに、増床の促進や、新規テナントの誘致活動を積極的に展開いたしました。
次に分譲事業につきましては、グランウェリス哲学堂公園(中野区)、ウェリス円山南4条シティハウス(札幌市)、ヒルズ府中天神町ヴェールアリーナ(府中市)を完売し、ウェリス光が丘公園パークハウス(練馬区)、ウェリスリビオ新御徒町(台東区)、東陽町セントラルタワー(江東区)、ザ・リバープレイス(大田区)、松濤アパートメント(渋谷区)、パークハウス二番町(千代田区)、ウェリス阿倍野播磨町(大阪市)の販売を開始しております。
また、鹿島建設株式会社とともに進めている秋葉原プロジェクトにつきましては、ユーディーエックス特定目的会社に対して50億円の優先出資を行いました。

この結果、当期の業績につきましては、売上高876億25百万円(前期比2.6%減)、経常利益159億10百万円(前期比4.4%増)、当期利益80億95百万円(前期比50.8%増)で、減収・増益となりました。

損益状況

(単位:百万円)

区分当期前期増減額増減率
営業収益87,62589,956△ 2,331△ 2.6%
営業費用65,89967,706△ 1,806△ 2.7%
(営業利益)21,72522,250△ 524△ 2.4%
(経常利益)15,91015,2326774.4%
(当期利益)8,0955,3682,72750.8%

資産・負債及び資本の状況

(単位:百万円)

区分当期末前期末増減額増減率
 流動資産23,10413,04610,05877.1%
固定資産441,447457,913△16,466△3.6%
資産合計464,551470,959△6,408△1.4%
 流動負債90,66585,5215,1446.0%
固定負債327,910345,014△17,103△5.0%
負債合計418,576430,535△11,959△2.8%
資本45,97540,4245,55013.7%
負債・資本合計464,551470,959△6,408△1.4%