文字サイズ

横浜日本大通りプロジェクト新築着工および
ホテルブランド決定について

NTT都市開発株式会社 2020年3月19日

NTT都市開発株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 中川 裕)は、横浜市中区において開発を進めている「横浜日本大通りプロジェクト」について、新築工事に着手しましたのでお知らせいたします。

計画建物は地上17階・地下2階、延床面積約13,800㎡、客室数242室のホテルで、みなとみらい線「日本大通り」駅から至近の交通利便性に優れた場所に位置します。

また、ホテルにつきましては、The Ascott Limited(本社:シンガポール、最高経営責任者 ケビン・ゴー 以下、アスコット社)の運営するサービスレジデンスブランド「Citadines(シタディーン)」に決定し、2023年夏の開業を予定しております。

完成予定パース
提供:大成建設株式会社

開発コンセプト

横浜関内エリアは、日本の近代化における西洋文化の窓口として、異文化との交流を通じて発展してきた街であるとともに、計画地周辺には横浜スタジアムや山下公園など活動的なアクティビティや自然豊かな憩いを提供する場が多数点在しています。

本プロジェクトでは、歴史を継承し、周辺環境と調和すべく、「“都市と自然が融合し、和と洋の歴史的文化が交わる街”での『活動と休息』」をコンセプトに、街と一体的となった活動拠点となるホテルをめざしてまいります。

また、本敷地にはかつて横浜電話交換局があり、1890年に横浜と東京間において日本で初めて電話交換業務が開始されたことから、「電話交換創始の地」として知られております。当社としても、歴史的にゆかりのあるこの地において、新たに人と人の繋がりを創出することで、関内エリアの街づくりを進めてまいります。また、日本初の「都市型ロープウェイ」や山下ふ頭の開発「ハーバーリゾート」で盛り上がる横浜市の街づくりにも貢献してまいります。

Citadines(シタディーン)ついて

アスコット社がグローバルに展開する「Citadines(シタディーン)」は、ビジネスでの利用やお客様のライフスタイルに合わせて必要なサービスを選択していただけるモダンで快適な環境を提供しています。

アスコット社は150施設以上の「Citadines(シタディーン)」をアジアパシフィック、中央アジア、ヨーロッパ、中東の80以上の都市にて展開しており、27,000室超を運営しています。日本では、東京(新宿)に2施設、京都(烏丸五条)に1施設、大阪(なんば)に1施設を展開しています。

なお、当社は、2018年1月より、アスコット社とサービスレジデンスに関する事業協力を行っております。その事業協力の第一弾として、日本初進出のコリビング(coliving)ホテルブランド「lyf(ライフ)」を福岡県福岡市中央区今泉で計画しており、2021年初頭の開業を予定しております。

<アスコット社との事業協力プロジェクト>

件名所在地ホテルブランド開業時期
福岡・今泉公園前
プロジェクト
福岡県福岡市中央区lyf
(ライフ)
2021年初頭
横浜日本大通り
プロジェクト
神奈川県横浜市中区Citadines
(シタディーン)
2023年夏

アスコット社コメント(株式会社アスコットジャパン 代表取締役 タン・ライ・セン)

今回、我々のサービスレジデンスとして、初めて横浜で開業できることを嬉しく思います。

拡大しつつあるグローバルツーリズムの中で、今後多様な国際的イベントを控えている日本は、とても重要なマーケットと考えております。

両社の強みを生かし、素晴らしいサービスレジデンスを開業できるよう努めてまいります。

≪参考≫

アスコット社(The Ascott Limited)概要

アスコット社は、アジア最大規模の不動産会社「キャピタランド社」の完全子会社で、シンガポールに本社を置き、世界展開するサービスレジデンスのオーナー兼オペレーターとして業界をリードしている企業のひとつです。「アスコット」「サマセット」「シタディーン」「ライフ」ほか、合計13のブランドを展開し、現在、世界30カ国180都市以上で70,000室以上を運営しています。計画・開発段階も含めると、計700物件以上114,000室以上にのぼります。1984年に「アスコット・シンガポール」をオープンしたことで、アジアにおける国際レベルのサービスレジデンス運営企業としての先駆けとなりました

アスコット社の業績は国際的に認められており、近年ではDestinAsian Readers’ Choice Awards 2020 にて「Best Serviced Residence Brand」を受賞したほか、多くの賞を受賞しております。

キャピタランド社(CapitaLand Limited)概要

キャピタランド社は、本社をシンガポールに置き、シンガポール株式市場に上場するアジア最大規模の不動産グループのひとつです。商業、小売、ビジネスパーク、産業と物流、総合開発、都市開発、宿泊施設と住宅を含む多角的な不動産群から成る、全世界で1,319億シンガポールドル相当(2019年12月31日時点)を超える資産を所有・運用しています。キャピタランド・グループとしては、世界30カ国200以上の都市で事業を展開しており、シンガポールおよび中国の市場を主軸としつつ、インド、ベトナム、オーストラリア、ヨーロッパ、アメリカといった市場でも拡大を続けています。

計画概要

所在地神奈川県横浜市中区日本大通5番2(地番)
敷地面積1,593.17㎡
延床面積約13,800㎡
構造形式鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
規模地上17階、地下2階
建物高さ約60m
用途ホテル(242室)・店舗(2区画)(予定)
着工2020年3月
開業2023年夏(予定)
事業主NTT都市開発株式会社
設計・施工大成建設株式会社
ホテル内装
デザイン監修
株式会社日建スペースデザイン

お問い合わせ先広報室 大寺・小張  Tel.03-6811-6241