文字サイズ

「新たな価値を生み出すまちづくり」のために、いまできることは、なんだろう。
私たちNTT都市開発は、この問いに真摯に向き合うべく、
新たな取り組みをスタートさせました。

それは、「デザイン」を軸に社会の変化を先読みし、未来を切り拓く試みです。
私たちが考える「デザインビジョン」から導き出された3つのキーワード
「コミュニティ」「歴史と文化」「ライフ&ワーク」について、
各界で活躍するトップランナーたちの対談を実施。
その模様をここに公開します。

記念すべき第1弾は、生活に根差したコミュニティづくりに取り組むクルミドコーヒー店主の影山知明さんと、ネット上でファンコミュニティ運営を手がける編集者/コルク代表の佐渡島庸平さんによる「コミュニティ」対談。いま求められるコミュニティのかたち、新たな都市開発の可能性を探ります。

影山 知明
(かげやま・ともあき)

佐渡島 庸平
(さどしま・ようへい)

記念すべき第1弾は、生活に根差したコミュニティづくりに取り組むクルミドコーヒー店主の影山知明さんと、ネット上でファンコミュニティ運営を手がける編集者/コルク代表の佐渡島庸平さんによる「コミュニティ」対談。いま求められるコミュニティのかたち、新たな都市開発の可能性を探ります。

影山 知明(かげやま・ともあき)

クルミドコーヒー、胡桃堂喫茶店店主。1973年、東京・西国分寺生まれ。マッキンゼー&カンパニーを経てベンチャーキャピタルの創業に参画後、株式会社フェスティナレンテを設立。2008年、生家の地に多世代型シェアハウスのマージュ西国分寺を建設し、その1階にクルミドコーヒーをオープン。17年3月には国分寺に胡桃堂喫茶店をオープンし、7月からは学びの場「胡桃塾(ことうじゅく)」を開催。著書に『ゆっくり、いそげ』(大和書房)。http://kurumed.jp/

佐渡島 庸平(さどしま・ようへい)

編集者、株式会社コルク代表取締役社長。1979年、東京都生まれ。2002年に講談社『週刊モーニング』編集部へ。井上雄彦『バガボンド』、三田紀房『ドラゴン桜』、安野モヨコ『働きマン』などの担当を務める。12年に作家のエージェント会社コルクを設立、小山宙哉『宇宙兄弟』を累計1,600万部を超えるメガヒット作品に育て上げ、TVアニメ、映画実写化を実現。平野啓一郎『マチネの終わりに』など、小説の連載も担当する。http://corkagency.com

それぞれの「コミュニティ」を象徴するアイテムたち

それぞれの「コミュニティ」を象徴するアイテムたち

──おふたりには本日、ご自身にとって「コミュニティ」を象徴するものを3つずつお持ちいただきました。まずは影山さんから、ひとつずつご説明をお願い致します。

──おふたりには本日、ご自身にとって「コミュニティ」を象徴するものを3つずつお持ちいただきました。まずは影山さんから、ひとつずつご説明をお願い致します。

影山

ひとつめは、僕の小さい頃の暮らしの様子を形にしてもらった飛び出す絵本です。クルミドコーヒーがあるのは自分の生まれ育った実家のあった場所なんですが、その家を、絵本作家の大黒芙実子(だいこく・ふみこ)さんが立体絵本で再現してくれました。家の中の風景や、まわりの森で缶蹴りをして遊んだことまで、僕の心象風景そのものでもあり、コミュニティを象徴するものでもあります。

影山

ふたつ目は、ニューヨークをベースに活動しているオルフェウス室内管弦楽団(※1)のDVD。指揮者のいないオーケストラで、26人全員がリーダーでもあり、互いに「こう弾きたい」という主張がうまく"喧嘩"し合い、やがてハーモニーになっていくのが面白い。当然、その中に"弾かされている人"はひとりもいないわけです。コミュニティのある種の理想型だと思いますが、フラットな組織のなかで、それでもひときわ秀でたものを作り上げるための方法論が詰まった1枚だと思います。
最後は国分寺で使える地域通貨「ぶんじ」(※2)。券の裏面の吹き出しにメッセージを書くことで、相手に対する感謝の気持ちを表明することができる。そこから "贈る"ように誰かのことを思って仕事をする人と、それを受け取ってくれる人との交換が生まれ、その関わり合いから、コミュニティの一人ひとりが主人公になれるようなまちづくりにつながればという意図があります。特別な施設やプログラムがなくても、日々僕らを取りまいているお金や仕事などの交換がもっと気持ちのいいものになれば、暮らしぶりは大きく変わると感じています。 (※1)オルフェウス室内管弦楽団 公式サイト(英語)  http://orpheusnyc.org (※2)地域通貨ぶんじ/ぶんじ商店会  https://bunjis.jimdo.com

(※1)オルフェウス室内管弦楽団 公式サイト(英語)  http://orpheusnyc.org
(※2)地域通貨ぶんじ/ぶんじ商店会  https://bunjis.jimdo.com

大黒芙実子作の立体絵本
『おすもうをする森のむかいの家』
(影山氏私物)

オルフェウス室内管弦楽団のDVD『オルフェウス室内管弦楽団』(日本語字幕版/販売:ジェネオン エンタテインメント/影山氏私物)

オルフェウス室内管弦楽団のDVD『オルフェウス室内管弦楽団』(日本語字幕版/販売:ジェネオン エンタテインメント/影山氏私物)

──全員が指揮者のオーケストラは中心を分散させるお話につながりますし、この地域通貨にも裏にメッセージを書くことで気持ちを流通させるという、新しい試みを感じます。続いて、佐渡島さんにお持ちいただいたアイテムはなんでしょう?

──全員が指揮者のオーケストラは中心を分散させるお話につながりますし、この地域通貨にも裏にメッセージを書くことで気持ちを流通させるという、新しい試みを感じます。続いて、佐渡島さんにお持ちいただいたアイテムはなんでしょう?

佐渡島

ひとつ目は安野モヨコの作品『さくらん』(※3)の主人公で、女郎の「きよ葉」が客に渡していたものに見立てた手ぬぐいです。従来のグッズは商品に絵を貼り付けたものがほとんどですが、これは物語中から現実に手に取ることができるものを作り、『さくらん』のファンコミュニティの人々と新たなコミュニケーションを取るための試みです。 安野モヨコ公式サイト「さくらん」  http://annomoyoco.com/comics/sakuran/ 安野モヨコ公式サイト「さくらん」  http://annomoyoco.com/comics/sakuran/

次は『宇宙兄弟』(※4)に関連するもので「SERIKA FUND(せりか基金)」(※5)。難病として知られるALS(筋萎縮性側索硬化症)は神経が侵されるために体を自由に動かすことができなくなり、やがて死に至る病気ですが、患者数が少ないために薬の開発が進んでいないのが現状です。『宇宙兄弟』では、女性宇宙飛行士の「せりか」がISS(国際宇宙ステーション)でALS治療のための実験に取り組みますが、その動きを現実でも起こしてしまおうとこの基金を立ち上げました。Tシャツなどのグッズを販売して、売り上げをALS治療薬の研究者に寄付しています。その結果、もし作中と同じ2029年に新薬の開発が実現したとしたら、作家が描いた世界が現実になったという意味で、素晴らしいことだと想像しています。
最後は、『宇宙兄弟』の単行本新刊とグッズを段ボールボックスに詰め合わせた記念セットです。グッズとしては例えば、この巻の内容が月面での話だったことから、月面を模したレジャーマットが入っています。主人公のムッタが月面で偉大な一歩を踏み出そうとしてつまずき、足形ではなく手形を残してしまったエピソードを、読者自身が再現できる趣向です(笑)。さらに「待たせたな」が口癖の登場人物の人形については、注文するとわざと遅れて届くような仕掛けも。『宇宙兄弟』ファンなら嬉々として「待たせたな」と言いながら、この人形を部屋に置くはず。つまり、コミュニティが盛り上がるためのきっかけになるような仕掛けを考えているわけです。 (※4)小山宙哉『宇宙兄弟』公式サイト  https://koyamachuya.com (※5)せりか基金 公式サイト  https://landing-page.koyamachuya.com/serikafund

(※4)小山宙哉『宇宙兄弟』公式サイト  https://koyamachuya.com
(※5)せりか基金 公式サイト  https://landing-page.koyamachuya.com/serikafund

安野モヨコ作『さくらん』の主人公「きよ葉」が作中で客に渡していたものに見立てた手ぬぐい
(企画・販売:コルク)

安野モヨコ作『さくらん』の主人公「きよ葉」が作中で客に渡していたものに見立てた手ぬぐい
(企画・販売:コルク)

『宇宙兄弟』の登場人物の逸話にちなんだALSの啓発プロジェクト「せりか基金」のチャリティグッズより、Tシャツとシリコンバンド(販売:せりか基金)

『宇宙兄弟』の登場人物の逸話にちなんだALSの啓発プロジェクト「せりか基金」のチャリティグッズより、Tシャツとシリコンバンド(販売:せりか基金)

──音楽や小説など、誰もが自分のお気に入りの作品を自らの血肉としながら日々を過ごしているわけですが、これらはまさにその作品のコミュニティに属する人たちが、作品と自分とを重ね合わせるための補助線になっているわけですね。

──音楽や小説など、誰もが自分のお気に入りの作品を自らの血肉としながら日々を過ごしているわけですが、これらはまさにその作品のコミュニティに属する人たちが、作品と自分とを重ね合わせるための補助線になっているわけですね。

RELATED PROJECTS

原宿駅前プロジェクト

(2020年開業予定/設計:株式会社竹中工務店+株式会社伊東豊雄建築設計事務所)

NTT都市開発では、原宿駅前に「未来に紡ぐ"たまりば"」をコンセプトとして、人と人とが交わり、これまでにない発見と感動を生み出す場を計画しています。
2020年、新しい文化と創造力を世界へプレゼンテーションする場として、原宿がさらに進化します。

原宿駅前プロジェクト

(2020年開業予定/設計:株式会社竹中工務店+株式会社伊東豊雄建築設計事務所)

NTT都市開発では、原宿駅前に「未来に紡ぐ"たまりば"」をコンセプトとして、人と人とが交わり、これまでにない発見と感動を生み出す場を計画しています。
2020年、新しい文化と創造力を世界へプレゼンテーションする場として、原宿がさらに進化します。