文字サイズ

トップメッセージ

当社社長 辻上広志の写真

地域の皆様の街への想いに真摯に向き合い
地域の皆様から信頼される「街づくりのパートナー」をめざします

 

NTTグループがめざす街づくり

2030年の期限まで残すところあと10年、国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の達成に向け、「街づくり」の果たす役割は大きいと考えています。

都市部への人口集中は世界中で進行しており、都市部に住む人口の割合は、先進国では2010年時点で70%を超え、2050年に90%になるとも言われています。開発途上国でも急激に都市人口は増加しており、今後どのように「街づくり」を進めるのかは、人権問題から気候変動などの環境問題まで、多くの社会的課題に影響を及ぼす大きな要素の一つと言えます。一方、日本の都市は、超少子高齢社会の到来、多発化、甚大化する自然災害に対してどのように備えていくのかなど、固有の課題にも直面しています。

このようなさまざまな課題を踏まえ、NTTグループは中期経営戦略「Your Value Partner 2025」の中で「不動産利活用(街づくりの推進)」を柱の一つとし、2019年7月、NTT都市開発グループとNTTファシリティーズグループを両輪とする街づくり事業推進会社「NTTアーバンソリューションズ株式会社」を設立しました。NTTアーバンソリューションズグループを中心に、従来の不動産開発にとどまらないNTTグループならではの新たな街づくりで、社会的課題の解決への貢献をめざします。

この新体制のもと、NTT都市開発グループは不動産デベロッパーとして培った機能・ノウハウを、NTTファシリティーズグループは建築・エネルギーなどの技術を活用することで、街づくり推進の中核的・基盤的な役割を担います。そこに、NTTグループが日本全国に保有する不動産の活用をはじめ、グループ各社の最先端のICT技術やエネルギーマネジメント技術、製品・ソリューション、高速・高品質なネットワークなど、NTTグループの総力を活用するとともに、多彩なビジネスパートナーとのコラボレーションを積極的に進めることで、NTTグループだからこそできる「街づくり」を実現したいと考えています。

私たちNTT都市開発グループは、新体制においても「誠実に、革新的に」という企業理念のもと、街づくりのオーナーである地域の皆さまの街に対する想いに真摯に向き合い、全国で個性豊かな地域社会が輝く街づくりに取り組みます。

街づくりを通じて社会的課題の解決に取り組む

NTTアーバンソリューションズ及びNTT都市開発グループは、地域社会の経済発展と社会的課題の解決を両立し、快適で活力に満ちた質の高い生活を実現するため、各都市がめざす街づくりを以下の4つのバリューで支援しています。

【NTTアーバンソリューションズグループが考える街づくりのバリュー】

  • ●コミュニティ
    個性と活気ある街づくりのための魅力ある空間とコンテンツを提供

  • ●ダイバーシティ
    街に集い、働き、住まう人それぞれの、多様なライフスタイルに寄り添う都市環境を整備

  • ●イノベーション
    先端技術を活用して、都市の課題解決や新たな産業創出、企業の生産性向上等に貢献

  • ●レジリエンス
    環境負荷低減を実現し、災害対応力を備えた、安心して暮らせる街を創造

「街づくりのバリュー」は、地域社会の課題に対して自分たちがどのように貢献できるかを、社員一人ひとりが考えるための指針でもあります。SDGs目標11の「住み続けられるまちづくりを」に象徴されるとおり、建物の建設・運用における再生可能エネルギーの利用やエネルギー消費量の削減、健康の促進、防災や減災への備え、産業基盤の提供や雇用の創出など、「街づくり」が未来の社会に与える影響の大きさを全社員が胸に刻み、国内外の社会的課題の解決に貢献してまいります。

多様性を尊重し、高い倫理観を備える組織づくり

ダイバーシティは、街づくりだけでなく、自社内の組織づくりにおいても重要な視点です。NTT都市開発グループでは、ダイバーシティ&インクルージョンを経営戦略の中核に据え、多様性を尊重した職場づくりに注力しています。すべての社員が、性別、年齢、人種、国籍、障がいの有無、性的指向、性自認などに関係なく活躍できる環境の整備は、当社グループの今後の発展に不可欠です。そのため、社員一人ひとりのワーク・ライフ・バランスの実現、柔軟な働き方の促進、そして育児、介護などのライフイベントへの対応支援に向けて、制度整備と意識啓発に取り組んでいます。

また、すべての社員が高い倫理観と人権意識を持って行動し続けることは、当社グループの事業活動の礎です。そのためには、社員一人ひとりが社会的責任を認識し、事業活動が社会に直接・間接に及ぼす影響をより広い視野で捉えることが重要であると考え、人権尊重・コンプライアンスの徹底・ガバナンスの強化に向け、社員教育の充実も進めています。

これからも、NTTグループの一員としての誇りと自覚を持ち、企業理念に掲げるとおり"誠実に、革新的に"街づくりを進めてまいります。

長期的な視点での街づくり

街づくり事業は、建物や街区の開発がゴールではなく、その後も継続的に街の課題の解決に取り組み、街を発展させていくことが重要です。

社員一人ひとりが、長期的な視点を持ち、地域の皆様と誠実に向き合い、そのニーズに丁寧にお応えし続けることで、賑わいと活気にあふれ、すべての人々が安心して暮らし、働き、集うことができる街の実現に貢献し、地域の皆様から選ばれ信頼されるパートナーとなることをめざします。

皆様には、私たちの取り組みへのご関心やご期待に感謝を申し上げるとともに、引き続いてのご指導とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

NTT都市開発株式会社
代表取締役社長

当社社長 辻上広志の署名